「帰化の専門家は司法書士?行政書士」カテゴリーアーカイブ

帰化申請は、実は司法書士業務。地方の法務局では、行政書士でしかできないという勘違い職員まで存在する。

よくある勘違い。

帰化申請は行政書士しかできないと思っている人。

 

一般の方が勘違いされるのは仕方のないことで、全く問題ありません。

ただし、代理請求先の役所であったり、こともあろうか、帰化担当の法務局職員までもが勘違いしているというのは、あまりにも勉強不足ではないかと思います。

 

弊所では、全国からの帰化申請のご依頼を受けているので、本当に全国各地のあらゆる管轄の法務局に提出する帰化書類を作成します。

基本的な要件や揃える書類は同じですが、微妙に違う部分もそれなりに多くあり、その都度管轄の法務局に電話をかけ事前に情報を得て進めるようにしています。

 

先日、驚くような地方の法務局がありました。

書類がそろったので、書類点検の予約を取ろうとしたら、

 

「司法書士は、帰化手続きはできないから、本人から電話してください。」

と言われたのです。

 

話が通じそうになかったのと、他の業務で多忙だったため、

「行政書士も登録しているので、問題ないですよね」

とそれ以上のやり取りは避けましたが、帰化担当の国籍を扱う部署の職員でこれはあまりにもひどいなと思いました。

 

そもそも

帰化申請は司法書士業務です。

 

司法書士法

(業務)

第三条 司法書士は、この法律の定めるところにより、他人の依頼を受けて、次に掲げる事務を行うことを業とする。

一 登記又は供託に関する手続について代理すること。

二 法務局又は地方法務局に提出し、又は提供する書類又は電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によつては認識することができない方式で作られる記録であつて、電子計算機による情報処理の用に供されるものをいう。第四号において同じ。)を作成すること。

 

帰化申請の書類の作成は、法務局又は地方法務局に提出し、提供する書類を作成すること

に当たり、司法書士業務です。

ご参照:司法書士会連合会ページ 

司法書士の業務

 

 

それに対して、

行政書士法では、

(業務)

第一条の二 行政書士は、他人の依頼を受け報酬を得て、官公署に提出する書類(その作成に代えて電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によつては認識することができない方式で作られる記録であつて、電子計算機による情報処理の用に供されるものをいう。以下同じ。)を作成する場合における当該電磁的記録を含む。以下この条及び次条において同じ。)その他権利義務又は事実証明に関する書類(実地調査に基づく図面類を含む。)を作成することを業とする。

2 行政書士は、前項の書類の作成であつても、その業務を行うことが他の法律において制限されているものについては、業務を行うことができない。

 

 

要するに、行政書士は、他の士業の業務として定められている業務以外の業務しかできないということです。

 

司法書士法

第七十三条 司法書士会に入会している司法書士又は司法書士法人でない者(協会を除く。)は、第三条第一項第一号から第五号までに規定する業務を行つてはならない。ただし、他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。

第三条第一項第二号に帰化申請業務が入っていると考えれば、行政書士が帰化申請の依頼や相談を受けることは、非司行為(司法書士違反の行為)とも考えらます。

 

昔から司法書士はメインで登記をしている関係で、登記業務を弁護士以外の他の士業が行うと非司行為という考えは浸透していますが、司法書士の中で帰化に力を入れている弊所のような事務所は、増えてきたとはいえ、まだまだ少数派で、司法書士業務でありながら、する司法書士が少ないという現状により、帰化申請は、ほとんどを行政書士が受けているという図が出来上がってしまっています。

これは一般の方から見れば行政書士に依頼するのは仕方ないことですし、行政書士から見ても、他の士業がしていない分野を狙い撃ちしなければ、なかなか厳しい業務範囲となっているので、帰化申請を受けるのは、仕方ないかとは考えています。

 

ただ、最初の話に戻りますが、帰化申請の直接手続きに関与する法務局の職員がそういった勘違いをしているという、不勉強さに開いた口がふさがりません。

まあ、地方の法務局は、帰化申請も、月あって数件、経験も少なく、様々なケースに対応しているかといえば、大阪や兵庫など、帰化申請の多い法務局管轄とは比べ物にはならないので、職員の資質にも差があるのは仕方がないのかもしれませんが・・・。

 

 

 

 

依頼する行政書士によっては、全く進まない帰化申請。専門家選びは重要です。

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

 

先日、次のような相談の電話がありました。

 

「今、別の行政書士に帰化を依頼しているが、手続きが全然進まず、聞いても自分がどう動いていいのか、何をどう集めていいのか全く分からないからどうしたらよいのか?」

というものでした。

 

どうも依頼先の行政書士が、帰化手続きに明るくないのか、多忙なため個々のご依頼者に対応する余力がないのかは不明ですが、お仕事を任せていただいているご依頼者が別の専門家にどうしたらよいのか?という相談をするぐらいですから、大体その専門家の仕事へのいい加減さは分かります。

 

ただし、お力になりたい気持ちは溢れんばかりなのですが、別の行政書士に依頼されている以上、わたしからはあまり口出しはできないと判断し、詳しい説明は避けましたが、あまりにもひどいのであれば、解除される等ご検討いただくことをお伝えはさせていただきました。

 

こういったご相談もたまにあります。

そんなとき、どうして責任をもって受任できないのに、受けてしまうのか、ご依頼者がお気の毒だと思わずにいられません。

 

それでも、何の縁かそのように、帰化申請に強くない専門家に依頼してしまうことになることは往往にしてあります。

なぜなら、一般の方は、司法書士や行政書士に仕事を依頼することは一生に1.2度あるかどうかというぐらいですから、自分で探そうとしたときに、その方面に明るい人に紹介してもらったりすることが多いです。

ところが、紹介というのは、いいようでデメリットも多いのです。

その人が知っている専門家が、自分が依頼しようとしている種類に強い専門家とは限りません。

同じ、「司法書士」「行政書士」と言っても、それぞれその専門家が特化している分野は違います。

明るくない分野の仕事であっても、構わず受ける専門家も中にはいます。

また、紹介者も司法書士や行政書士を山ほど知っていてその時によってこの人をといったぐらいのネットワークを持っている人はほぼいませんので、誰でもできる簡単な手続きに属するものでなければ、詳しくない人を紹介される可能性は結構高くなります。

そのうえ、紹介されたら、費用面、経験面、人間的な部分で会わないと思っても断りづらい。

 

総じて、紹介より、自分で探すほうがはるかに安全でメリットが大きいのです。

 

今は、ネットで情報があふれています。

色々な専門家のサイトに当たることができますし、そのサイトに記載されている情報や、ブログなど直接専門家の得意としている業務や、考え、人間性などが見ることができる場合もあります。

 

帰化を失敗しないためにも、ご自身での情報を収集をおすすめいたします。

 

帰化申請(大阪 兵庫)|悠里司法書士・行政書士事務所(帰化申請.net)

代表 司法書士・行政書士まえかわいくこ

帰化申請は大切な個人情報をあずける手続きです。専門家選びは慎重に。

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

 

帰化を専門家に依頼しようと思ったらどのように決めるか?

結構難しいと思います。

 

かかる費用はいくらなのか

やってもらえる手続きがどこまでなのか

本国書類の収集や翻訳もお任せでできるのか

経験豊富で、人間的にも信頼できる専門家なのか

国家資格は、司法書士なのか、行政書士なのか

 

 

帰化を依頼する先を決めるには上記のようなところが重要になってきます。

 

費用が安くても、処理能力以上に受任しすぎて、手続きが進名なくなっては元も子もありませんし、信頼できる専門家でないと、大切な個人情報がきちんと扱われるのかという点も不安要素となります。

 

ひとまとめに、帰化を受ける専門家といってもその資質のレベルにはかなりの差があると思ったほうがよろしいです。

今まで何度かご相談者から信じられない情報を聞いています。

 

それは、ご依頼者の個人情報に関することです。

 

別のご相談者に書類などの説明をするときに、実際に受任中のご依頼者の個人情報が記載された書類を平気で見せたり、具体的な例として特定できる情報で、依頼者の情報を伝えたりといった信じられないことをする人も含まれるのです。

 

個人的な意見ですが、おそらく帰化を受任できるもののうち、「司法書士」には上記のような個人情報の取り扱いをする人はほぼいないと思います。

「司法書士」が取り扱う業務に関しては、本人確認や、意思確認、個人情報の保護に関して非常に厳しく管理しなければいけない仕事が多いためです。

 

それに比べて、「行政書士」には、資質の高い人ももちろんたくさんいる代わりに、低い人もまれに含まれているようです。

帰化申請を受任する専門家はその国家資格の難易度と人数の違いから行政書士がほとんどとなりますので、依頼するときは、専門家が信頼できるかどうかは、大切な個人情報の塊をあずける相手として非常に慎重に判断されることを強くお勧めいたします。

 

ところで、自画自賛となりますが、上記の帰化の専門家を選ぶための要件的なものは、当事務所はすべてクリアしていると自負しています。

 

 

かかる費用はいくらなのか  ⇒ フルサポートで安心価格 ※これは、公開されている行政書士の平均報酬などアンケート情報と比較していただければ一目瞭然。

やってもらえる手続きがどこまでなのか ⇒もちろんフルサポート。帰化については、代理でできる部分はすべてサポート

本国書類の収集や翻訳もお任せでできるのか ⇒専属のネイティブスタッフが領事館で書類収集・翻訳文も用意。(韓国籍の方の場合)

経験豊富で、人間的にも信頼できる専門家なのか ⇒当職は実利より縁を大切にします。人として正しく、何よりもされる側がどうされたいかを考えて手続きを進めます。今まで1000名以上の帰化をサポートしてきました。

国家資格は、司法書士なのか、行政書士なのか ⇒ 両方の資格を持ち、登録しているプロです。

 

 

信頼できるか、というところは、実際に面談などでお会いするか、お電話やメールなどでやり取りさせていただき、直接ご相談者が決めるべきところです。

 

是非ご自身でご判断ください。

 

帰化申請(大阪 兵庫)|悠里司法書士・行政書士事務所(帰化申請.net) 代表 司法書士・行政書士まえかわいくこ