帰化申請は大切な個人情報をあずける手続きです。専門家選びは慎重に。

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

 

帰化を専門家に依頼しようと思ったらどのように決めるか?

結構難しいと思います。

 

かかる費用はいくらなのか

やってもらえる手続きがどこまでなのか

本国書類の収集や翻訳もお任せでできるのか

経験豊富で、人間的にも信頼できる専門家なのか

国家資格は、司法書士なのか、行政書士なのか

 

 

帰化を依頼する先を決めるには上記のようなところが重要になってきます。

 

費用が安くても、処理能力以上に受任しすぎて、手続きが進名なくなっては元も子もありませんし、信頼できる専門家でないと、大切な個人情報がきちんと扱われるのかという点も不安要素となります。

 

ひとまとめに、帰化を受ける専門家といってもその資質のレベルにはかなりの差があると思ったほうがよろしいです。

今まで何度かご相談者から信じられない情報を聞いています。

 

それは、ご依頼者の個人情報に関することです。

 

別のご相談者に書類などの説明をするときに、実際に受任中のご依頼者の個人情報が記載された書類を平気で見せたり、具体的な例として特定できる情報で、依頼者の情報を伝えたりといった信じられないことをする人も含まれるのです。

 

個人的な意見ですが、おそらく帰化を受任できるもののうち、「司法書士」には上記のような個人情報の取り扱いをする人はほぼいないと思います。

「司法書士」が取り扱う業務に関しては、本人確認や、意思確認、個人情報の保護に関して非常に厳しく管理しなければいけない仕事が多いためです。

 

それに比べて、「行政書士」には、資質の高い人ももちろんたくさんいる代わりに、低い人もまれに含まれているようです。

帰化申請を受任する専門家はその国家資格の難易度と人数の違いから行政書士がほとんどとなりますので、依頼するときは、専門家が信頼できるかどうかは、大切な個人情報の塊をあずける相手として非常に慎重に判断されることを強くお勧めいたします。

 

ところで、自画自賛となりますが、上記の帰化の専門家を選ぶための要件的なものは、当事務所はすべてクリアしていると自負しています。

 

 

かかる費用はいくらなのか  ⇒ フルサポートで安心価格 ※これは、公開されている行政書士の平均報酬などアンケート情報と比較していただければ一目瞭然。

やってもらえる手続きがどこまでなのか ⇒もちろんフルサポート。帰化については、代理でできる部分はすべてサポート

本国書類の収集や翻訳もお任せでできるのか ⇒専属のネイティブスタッフが領事館で書類収集・翻訳文も用意。(韓国籍の方の場合)

経験豊富で、人間的にも信頼できる専門家なのか ⇒当職は実利より縁を大切にします。人として正しく、何よりもされる側がどうされたいかを考えて手続きを進めます。今まで1000名以上の帰化をサポートしてきました。

国家資格は、司法書士なのか、行政書士なのか ⇒ 両方の資格を持ち、登録しているプロです。

 

 

信頼できるか、というところは、実際に面談などでお会いするか、お電話やメールなどでやり取りさせていただき、直接ご相談者が決めるべきところです。

 

是非ご自身でご判断ください。

 

帰化申請(大阪 兵庫)|悠里司法書士・行政書士事務所(帰化申請.net) 代表 司法書士・行政書士まえかわいくこ

 

 

 

帰化のご依頼には、ご来所は不要です。

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

 

帰化申請を専門家に依頼したいけれども、仕事でなかなか時間が取れず、帰化を進める気はあるけど、なかなか予約して帰化専門家の事務所に行くのは難しい。

そういった方でも、帰化手続きを専門家に依頼して進めることは可能です。

当事務所では、ご来所いただける方は、ご面談のご予約をお取りしてご来所いただいておりますが、ご相談者のご希望により、必要な情報をメール等でやり取りすることにより、帰化に着手し、そのあとは、引き続き、メール、電話、郵送などで最後まで帰化手続きを進めることも可能です。

 

たとえば、遠方の他府県の方からの帰化の依頼もございます。

ご来所いただかなくても、問題なく帰化手続きを進め、帰化の許可を得られている方が多数いらっしゃいます。

また、お近くの方でも、お仕事や育児などで、お越しいただくのが難しい方の場合もご来所されずに帰化を進めるケースもあります。

 

ご来所が難しいけれども、一日も早く帰化は進めたいという方は、ぜひ一度当職にご相談ください。

 

帰化申請(大阪 兵庫)|悠里司法書士・行政書士事務所(帰化申請.net) 代表 司法書士・行政書士まえかわいくこ

帰化するきっかけナンバー1は、「日本人との結婚」

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

 

帰化するきっかけはその方によって様々ですが、やはり圧倒的に一番多いのは、

「日本人との結婚」

です。

 

日本人と婚姻届けを出そうとしたときに、簡単に日本の役所だけで手続きを終えることができないということを初めて知る在日韓国人の方は非常に多いのです。

日本の役所に婚姻届けを出すためにも、韓国の書類やその翻訳文が必要であったり、また無事婚姻届けを提出したとしても、何かあるごとに、婚姻関係を証明する書類が日本の書類だけでは駄目だと言われたり、不便なことも多々あります。

その後、こどもが生まれるとさらに、こどもの国籍のこともかかわってきますので、こどもが生まれる前に帰化をされる方が多いです。

 

こどもが生まれるタイミングで帰化される方も非常に多いです。

今は、帰化される方が多く、多くの法務局では帰化申請から許可まで結構時間がかかっていますので、妊娠が判明してからの帰化スタートでは、先に出産となってしまうことも多いと思いますが、なるべく早めに帰化に着手できたほうがスムーズではあります。

帰化するタイミングは、その方の置かれた環境によって、ベストなときが異なります。

いつ帰化をしたらよいのか迷われている場合は、当職に御相談いただけましたら幸いです。

 

帰化申請(大阪 兵庫)|悠里司法書士・行政書士事務所(帰化申請.net)

代表 司法書士・行政書士まえかわいくこ

本日は、福井県の方の帰化をお受けしました。全国対応帰化申請対応。

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

 

当事務所は、帰化手続きに非常に強い司法書士・行政書士事務所です。

今まで1000名以上の方の帰化申請のお手伝いをさせていただいてきました。

 

そして、その中には大阪、兵庫など近畿圏の方ばかりではなく、遠方の他の都道府県にお住いの方の帰化も含まれております。

 

大阪、兵庫などは比較的在日韓国人の方が多く住んでいらっしゃいますので、帰化の専門家も多くおります。

ところが、それ以外の地域では、帰化手続きに強い専門家が非常に少ないあるいは、司法書士や行政書士といった専門家自体がほとんどいないという地方も少なくありません。

今の時代では、情報をインターネットから取り入れることが可能です。

また、メールや郵送、電話などで手続きをスムーズに進めることが昔に比べて容易な時代となりました。

そのため、遠方であっても、近くの専門家に依頼するのと変わらないサポート内容で帰化の手続きを進めることも実際には可能になっております。

 

実際のところ、大阪や神戸にお住いの方が帰化の依頼をされた場合でも、ご来所いただくとしても最初の1回だけ。

あとは、メール、郵送、電話などで最後まで進めるケースが多いです。

帰化申請者の方もお仕事をされている方が多く、そうそうご来所いただくことも難しいのです。

 

また、近所の方でも、ご来所が難しい方もいます。

その場合でも、無事に進められますので、同様に他府県にお住いの方の帰化も問題なく進められます。

 

お近くに帰化の専門家がいなくて困っていらっしゃる方は、迷わず当事務所のご相談ください。

ご依頼者の笑顔が見たい。その一心で全力で帰化のサポートをさせていただきます。

 

帰化申請(大阪 兵庫)|悠里司法書士・行政書士事務所(帰化申請.net) 代表 司法書士・行政書士まえかわいくこ

自分で帰化をすると決めたら一気に申請まで進めるべき。

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

 

帰化申請をしようと、一度法務局にどのような手続きや書類が必要か相談に行かれた方ならご存じかと思いますが、帰化には膨大な書類の収集(本国書類の翻訳も含む)と、書類の作成が必要となります。

また、実情をそのまま書類として作成することができない状況の方やさまざま事情をお持ちの方も非常に多く、自分で帰化申請まですすめ、無事許可までいくことができる人は、意外と少ないのです。

 

ただし、自分で帰化申請手続きができないかといえば、できるケースもありますので、チャレンジされるのもいいかもしれません。

自分でする場合に最初にすることは、法務局に相談にいくことです。

そして、そこで挫折するか、しそうな場合は、迷わず弊所のような帰化専門事務所の扉をたたいてください。

ただし、自分ですることを決めたなら、帰化申請の受付ができるまでは、休むことなく全力で進めてください。

一旦止まってしまうと、おそらく進めることは非常に難しくなるのがこの手続きです。

期限の短い書類が含まれていたり、作成する申請書の内容が直近の情報である必要がありますので、短時間で帰化の申請まで進めなければ、差し替えや修正の繰り返しで、そろえてもそろえても、なかなか帰化申請の受付までたどり着くことができなくなります。

自分で帰化をすることを決めたら、一気に最後まで進める。

少しでも無理だと感じた場合は、帰化専門家に任せることも考えるほうがよろしいです。

一番もったいないのは、半分、あるいは半分以上進めてきたけど、あきらめて、すべての書類の期限が切れ、結局は、帰化専門家にまた一から依頼することになることです。

そういった方も実際には少なくありませんので、自分で進めるか、専門家に任せるかは、なるべく早い段階で決めるほうが無駄がないです。

 

自分でするなら死ぬ気で最後まで一気に進める。

そうでなければ、専門家に任せる。

 

これが帰化申請の進め方のベストな方法です。

 

帰化申請(大阪 兵庫)|悠里司法書士・行政書士事務所(帰化申請.net) 代表 司法書士・行政書士まえかわいくこ