「帰化日誌」カテゴリーアーカイブ

法務局お墨付きの帰化専門家?

帰化の書類の点検で、関西の法務局には、本当に日々訪れています。

 

特に、帰化申請の件数の多い、大阪法務局本局と東大阪支局

あとは、神戸管轄になりますが、尼崎、伊丹、西宮あたりはかなり頻度が高いです。

 

うちの事務所がサポートさせていただいたご依頼者に言われて嬉しいこと。

 

「法務局に行ったら、悠里司法書士事務所さんが作っている書類だったら、大丈夫ですよ。安心してください。」って職員に言われましたよ。

 

と伝えていただけること。

 

これが、結構頻繁にご依頼者さまから教えていただくことがあり、法務局の職員に信頼されているのは、本当に何よりも嬉しいなと

思っております。

 

これからも、ご依頼者さま、いつも申請する法務局の職員の方にさらに信頼をしていただけるよう、今日より明日、明日より明後日がより高いサービスが提供できるように日々探求、改良、勉強を怠らず、熱意をもってやってまいります。

 

 

 

日本語が片言の行政書士が帰化申請業務をしている件

先日、帰化の書類の点検にとある法務局にいっていたときに職員から聞いたお話です。

 

「最近、日本語が片言しか話せない行政書士が帰化の件でよく来るわ」

 

え~、片言で行政書士試験に合格できるんか~?

って、思いました。

 

 

行政書士試験は司法書士に比べると、メチャクチャ簡単と両方の試験をパスしたわたしの個人的意見としては思いますが、

外国人が簡単に合格できるほどは、難易度は低くないです。

少なくとも、日本語はペラペラのレベルでないと合格は難しいはず。

 

ほんまに、行政書士なんか、かなり怪しいですが・・・。

同胞の方の帰化を受けて商売されているのかなと予想します。

無資格者(そもそも帰化は法務局提出書類の作成で、司法書士業務ですが・・・)が受けているとすれば、問題あるなと思いますが、実際のところは行政書士資格者なのかは分かりません。

 

 

 

帰化ができないと法務局で言われても、実際にはできることもある。

先日こんなことがありました。

 

帰化のご依頼をお受けしている方が、弊所に依頼をされる前に帰化相談で法務局に一度予約を取り相談を受けたそうです。

そのときに、法務局の職員から

「今、帰化申請しても許可は難しい」

ということを言われ、一度はあきらめられたということです。

 

その後、ご相談を頂き、内容をお聞きすると全く問題なく帰化ができるケースであると判明しました。

 

内容としてはこうです。

 

申請人の方は、会社員として勤務して1.2か月の方。

その部分に関して、勤務が短いから収入の安定性がないということでダメということでした。

 

でも、ちょっと待ってください。

この方には同居の家族がおり、個人事業主ですが、きちんと所得も申告され納税もはたしている家族がいます。

たとえ、ご本人の収入が安定していなくても、同居の親族の収入が安定していれば、生計要件を満たしていないとは通常なりません。

 

また、このケースで、お一人世帯であったとしても、きちんと正社員としてお勤めされ、丸1か月以上の給与明細が出せる状態であれば、帰化申請は問題なく受付られますし、そのまま安定的にお仕事を帰化の許可まで続けることができれば普通に許可されています。

しかも、ご本人は特別永住者で、在留資格の問題もありません。

 

よく話を聞くと、その法務局の職員はその部署に配属したてだったということ。

それにしても、帰化が難しいと簡単に言うことは、その方が帰化を諦めてしまうことにもなりかねず、1人の方の人生に影響するということもあり、そういう仕事をしているという自覚をもって、きちんと対応していただきたいと切に願います。

 

 

 

特別養子縁組の赤ちゃんの帰化申請

先日、少し珍しい帰化申請をお受けしました。

外国から特別養子として赤ちゃんを迎え入れられたご夫婦から、赤ちゃんの日本国籍取得に関するご依頼でした。

特別養子自体も珍しいうえに、その子の帰化申請ということで、事前に法務局に何度も相談させていただきました。

管轄法務局でも、初めての経験ということで、本当に貴重な経験をさせていただきました。

特別養子というのは、実父母との関係が切れるので、通常必要である、帰化申請人(今回は赤ちゃん)の本国書類などの請求ができないことのほうが多いと思われます。

取得できる限りの書類を集め、申請するしかありませんが、色々とノウハウも必要です。

 

帰化後の特別養子の戸籍の記載には、日本人と同様に民法817条の2の記載(特別養子縁組)と、従前の氏名、国籍などの記載はされるということです。

 

また、国籍法第8条二号の住所要件は、短期滞在ではダメで、日本人等の配偶者等の在留資格を有してから1年を経過する必要があるということですので、少なくとも1歳(+α)になってからの申請が必要となります。

 

非常にたくさんの方の帰化申請をお受けさせていただいてきても、いまだに初めての経験は毎日ようにあります。

これが帰化申請のお手伝いをするモチベーションが上がり続ける理由の一つですね。

 

 

帰化申請は奥が深い業務。経験がものを言うが、経験を重ねても新しいことは毎日ある。

帰化申請は手間がかかる。

つける書類、作る書類が多く、労力が半端ない。

語学力もいる。

 

仕事にあまり困らない司法書士は、ほとんど手を出さない業務。

そのため、法務局への提出書類作成業務という司法書士業務にも関わらず、帰化の市場はほぼ行政書士が握っている状態。

 

登記もメチャクチャ奥が深いけど、帰化も同じぐらい興味深く面白い。

登記と違って、100人いれば100通りの帰化申請がある。

1人の人との関わり合いが深い。

 

今まで、きちんと数えたことはないけど、おそらく1200人以上の帰化申請をお手伝いさせていただいてきて、それでも、毎日新しいことの連続で、本当に飽きない。

帰化はその人の人生がかかっているし、またその人のこれまでの人生によって、帰化ができたりできなかったりする。

 

それだけたくさんの人の人生にかかわる仕事であり、その方の今までのほぼすべてといっていい情報をお預かり、日本人になる手伝いをさせていただいてる。

その方の収入や資産、学歴、職歴、犯罪歴、婚姻、離婚歴、破産歴、借金、父母や兄弟関係・・・etc

本当にその方の人生すべてといってもいい大切な情報を包み隠さず教えていただくことが必要なしごと。

 

登記と一緒で、感謝されることが多いのがまたいいところ。

 

中には、許可は出るのは難しいだろうというケースもあり、それでも許可が下りた時の、ご依頼者の笑顔が何よりもうれしい。

逆に、帰化申請した後に、新たに帰化が難しくなるような事情が判明したり、状況が変わったりして、許可が難しくなるケースでは、ご依頼者と同じぐらい落胆する。

それでも、毎日新しい経験と知識を得ながら、変化していく手続きにも対応しながら、他のどの仕事よりも

「対(たい)  人(ひと)」

というこの仕事は本当に心から好きな仕事。

 

1000人以上もの人と、それも深い情報のやり取りをしつつ、対応しておりますと、皆さんが想像できないぐらい、色々な人がいます。

 

同じことを同じようにお願いしても、一言で10できる人もいれば、ひとつしてもらうのに、10回説明しなければならない人もいる。

 

それもこれも含めて、「対 人」の素晴らしさ、面白さはこの仕事を、心から愛する気持ちを持って、楽しんでいる人にしか分からないのかもしれませんが、わたしは本当に好きですこの仕事。

 

法務局でも、

「前川先生の作る書類だったら大丈夫やろ」

と言ってもらえてる話を聞くと、ずっとそう言ってもらえるようにしないとな、とこの点でも日々勉強です。

 

決済を伴う不動産の売買など司法書士のしごとのうち、即金の仕事は、一発で1~3か月翻訳も併せてみっちり手間暇かかる帰化申請と同じぐらいの報酬です。

効率や利益を考えれば、帰化の費用を高くするか、(今は安すぎると言われていますが・・)、不動産の決済の仕事を増やすかすればいのかもしれません。

でも、自分的には全然そんなやり方興味ない。

 

人との関わりが何より素晴らしい。

帰化をきっかけに、別の仕事の相談もしてもらったり、他の人の帰化や別業務をどんどん紹介していただいたりします。

だから、帰化は安くてもよいかなという考えです。

 

日々、新しい「人」と出会えることに今日もたくさん感謝した日でした。