「会社役員の帰化」カテゴリーアーカイブ

賃貸収入がある場合の帰化申請

不動産を所有していて、賃貸収入がある方の帰化を非常に多く受けています。

 

特に、開業医の方や、医療関係資格者、会社経営者、その他、収入が多い方に関しては、大抵いくつか不動産物件を所有し、賃貸収入があります。

 

あるいは、最近では、一般企業にお勤めの会社員の方でも、投資用不動産をお持ちの方は増えています。

 

収入が多く、資産をお持ちの方は、様々な収入源があり、帰化申請は複雑になります。

 

複雑な帰化申請に関しても、経験豊富な専門家に依頼しないと、上記のような複数の収入がある方の帰化はなかなかスムーズに進まないことがあるようです。

 

簡単な帰化手続でないケースこそ、弊所にご相談頂きたいです。

どこの事務所でも対応できるような単純な帰化だけではなく、他の事務所が根音を上げるぐらいの難しい帰化のご相談を歓迎いたします。

 

 

帰化のご相談・ご依頼はこちら(悠里司法書士事務所 帰化サイト)から

フルサポートキャンペーン適用10万円~の料金表はこちら

 

帰化する人が会社役員である場合にチェックする5つのポイント

 

 

帰化する人が会社役員である場合にチェックする5つのポイント

 

1.会社が厚生年金・社会保険に加入しているか?(きちんと社会保険料など支払っているか)

2.役員、従業員の源泉徴収義務を果たし、徴収した源泉所得税の納付を行っているか?

3.赤字でないか?

4.直近3~5年以内に、税務調査が入って、重加算税などを課されていないか?

5.法人の納税義務を果たしているか?

 

 

どれかがクリアできていないと、スムーズに帰化申請が進まない可能性があります。

 

また、帰化する人が会社役員の場合だけではなく、同居の家族が会社役員に当たる場合にも上記のうち関わってくる要件があるので、要注意です。

 

帰化に不安がある方は、専門家にご相談いただき慎重にすすめるほうが無難です。

 

 

 

帰化についてのご相談・ご依頼はこちら(悠里司法書士・行政書士事務所帰化サイト)

帰化申請フルサポートキャンペーン適用で10万円~ご案内