» 韓国戸籍の翻訳のブログ記事

大阪の帰化申請をはじめとし、兵庫、奈良、京都その他北海道から沖縄まで全国の在日の方の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

韓国籍の方の帰化の場合は、韓国の家族関係証明書等の書類の添付が必要となります。

11月30日より法律の改正により韓国家族関係登録簿証明書の申請様式が変更になりました。

発行証明書の内容の種類が分かれ、一般、詳細、特定と選ぶ形になったようです。

帰化申請に必要なものは「詳細」証明が必要ですので、みなさま帰化される際にご自身で取られる場合はお気を付けください。

弊所にお任せいただければ、楽に進めることができます。

韓国の本籍地が不明な場合もご対応可能です。

お気軽にご相談いただけましたら幸いです。

PR 帰化申請が5万円~

まだ間に合う年内着手  帰化申請.net 大阪、兵庫、奈良、京都など関西だけではなく帰化業務は全国対応です!

大阪の帰化申請をはじめとし、兵庫、奈良、京都その他北海道から沖縄まで全国の在日の方の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)

弊所では、帰化のフルサポートプランではなんと50枚を超えることのある翻訳まで含めて10万円(キャンペーン価格にて)で現在帰化のお手伝いをさせていただいております。

これもいつまでできるか分かりませんが、帰化申請されたい在日の方のお力に少しでもなりたい気持ちで何とか頑張っております。

ところで、帰化申請に必要な翻訳文についてご自身が分かる場合に簡単に翻訳ができると思われている方が多いです。

しかしながら、実際には上記にあります通り50枚を超える気が遠くなるようなボリュームの翻訳が必要になるケースもありますし、翻訳も手書きで読みにくい、誤字脱字だらけのものですと帰化の申請は受け付けてもらえないことがあります。

帰化はまとめて専門家にお任せされることを心よりお薦めいたします。

(私がこの仕事をもししてなければ100%自分ではしませんね~((^-^;) ノウハウや環境が整っていなければ帰化申請はものすごい労力がかかりますので。

PR 帰化申請がなんと5万円から

帰化申請大阪.net フルサポートもキャンペーンで翻訳などすべて込で10万円(税別・記事掲載時点)

大阪の帰化申請をはじめとし、兵庫、奈良、京都その他北海道から沖縄まで全国の在日の方の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

帰化添付の翻訳は全訳が必要という取り扱いに変わったようです。

以前から基本的には全訳が必要でしたが、関係あるところが訳されていればこれまではそのまま進められていましたが、今では帰化の手引き自体に部分訳は不可との記載がされ、統一の取り扱いとなっています。

とはいえ、帰化の少ない法務局や古い手引きをそのまま利用し、そのままの取り扱いの法務局もまだまだ多いようで。

いずれにしても、全訳が必要になるとすれば弊所のような帰化の専門家にはかなりの負担になりますね。

今のままの価格設定でお手伝いがいつまでできるのか何とも言えませんが、できる限りはそのままでやっていきたいとは思っております。

PR 帰化手続きがなんと5万円~ フルサポートでも10万円キャンペーン

帰化申請.net

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

在日の方の相続にも強い悠里司法書士・行政書士事務所です。

帰化申請のご相談、ご依頼ではフルサポートでお手伝いさせていただくことが多いのですが、弊所では帰化に必要な韓国書類の翻訳のみも行っております。

帰化に必要な範囲で翻訳することにより、普通に翻訳するよりかなりご負担が少ない形でのご対応が可能です。

お気軽にお見積りのご相談を頂けましたら幸いです。

PR 帰化申請が5万円~

帰化申請 大阪.net 悠里司法書士・行政書士事務所(大阪市福島区)  帰化は全国対応です。

大阪の帰化申請をはじめとし、兵庫、京都、奈良その他全国の在日韓国人・朝鮮人の方の帰化のお手伝いをしております。

在日の方の相続や翻訳にも強い悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

帰化に必要な韓国書類(除籍謄本、家族関係証明書等)はかなり広範囲です。

年配の方になると、その書類だけで100枚近くになるケースもあります。

具体的には申請者の出生から現在まで、ただし、韓国の書類への届出が大幅に遅れているケースも多く、その場合は届出から考えるのではなく申請者の出生日にあたる年月日からの申請者が載っていない父母の除籍謄本まで求められる法務局がほとんどです。

基本はそうでも、法務局によっては、若干必要な範囲が緩和されているところもありますが、基本的には上の範囲です。

これは、相続に必要な書類の範囲よりも多く、帰化申請をしようとされる方には非常に負担になっているのが実情です。

本当にここまでの書類が必要か?という問題がありますので(実際にはそこまでつけなくても、父母の特定に関しては問題ないのです)、早く検討してもらって法務局の方針が変わればと思います。

法務局でも膨大な書類の管理も送付も大きな労力となり、チェック職員やその他職員の手間や郵送費、保管にかかる費用など税金の無駄遣いではないか?と思えて仕方ないです。

PR 在日韓国籍の方の帰化が5万円~

帰化申請.net 悠里司法書士・行政書士事務所(大阪市福島区) 帰化は全国対応です!!

大阪の帰化申請をはじめとし、兵庫、奈良、京都その他全国の在日韓国・朝鮮籍の方の帰化をお手伝いしております。

在日韓国籍・朝鮮籍の方の相続(不動産の相続、相続放棄など)にも強い大阪の悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

帰化申請について、帰化はご自身で手続きをされるけど、帰化用に必要な韓国関係の書類を判断して収集と翻訳の部分のみをご依頼されたい方。

弊所ではそのような方のご希望にも対応しております。

都道府県にかかわらず全国対応いたします。

お気軽に問い合わせよりご相談くださいませ。

PR 在日韓国人の方の帰化申請が5万円~  司法書士対応事務所

帰化申請.net 帰化は全国対応です。  悠里司法書士・行政書士事務所(大阪市福島区)

当事務所では、在日韓国、朝鮮籍の方の帰化申請に力を入れております。

帰化にかかる専門家の費用もご相談して頂きやすい設定にしておりますので、多くの方は帰化申請のフルサポートでのご依頼です。

ですが中には、帰化申請をご自身でチャレンジされたい方もいらっしゃいますので、そういう方のために

「帰化申請用の翻訳」のみのご依頼もお受けさせて頂いております。

在日韓国・朝鮮籍の特別永住者の方であれば帰化申請に必要な書類はほとんどの場合は日本国内ですべて入手することが可能です。 ただ、韓国語が分からないため、翻訳部分のみどこかに頼まないといけない・・・という方のお力に是非ならせて頂ければ幸いです。

また、当事務所で帰化申請に関する韓国の家族関係証明書または除籍謄本の翻訳をご依頼頂く場合は、帰化申請に必要な同書類の収集に関するアドバイスはある程度させて頂いております。

帰化申請の本国書類の翻訳をお探しの場合は、お気軽にご相談頂ければ幸いでございます。

大阪の悠里司法書士・行政書士事務所 司法書士・行政書士 まえかわいくこ

PR 兵庫と大阪の帰化申請はおまかせください。在日韓国・朝鮮籍の方の帰化翻訳料込9万円~。

当事務所メインサイトご案内

住宅ローンを返済したときの抵当権の抹消登記について  抵当権の抹消登記にかかる費用

当事務所では、帰化申請に必要な韓国の除籍謄本、家族関係登録簿証明書の収集と翻訳のみのご依頼もお受けしております。

帰化申請は自分でチャレンジするけれども、領事館は苦手、何を揃えたらいいか分からない、翻訳も自分ではできない。

という方は是非お気軽にご相談頂ければと思います。

韓国戸籍関係の収集や翻訳は、大阪だけではなく、日本全国の方からのご依頼に対応しております。

在日の方の帰化申請(大阪 兵庫)に特化した 悠里司法書士・行政書士事務所 所長 司法書士・行政書士 前川

帰化申請に必要な韓国戸籍の範囲はケースバイケースで違います。

たとえば、兄弟姉妹で帰化している人がいればその帰化のタイミングによっては、家族関係登録記載事項証明書のみならず除籍謄本も必要になることもよくありますし、また除籍謄本もどのタイミングのものが必要かも、調査してみなければ分からないケースが多いです。

また、韓国に日本での出生、婚姻、死亡などを届け出ていない場合は、日本での証明との整合性を合わせて判断し、どこまでの韓国戸籍が提出必要か?という判断が必要となります。

しかし、相続に必要な韓国戸籍の判断に比べたら、帰化の戸籍収集はかなり楽です。

帰化の戸籍・除籍謄本であれば1度ですべて揃う場合が多いですが、相続は単純なもの以外は2回は行くケースが多いです。

どちらにしても、韓国除籍謄本・証明書のどのような書類が帰化や相続に必要か?ということがケースごとに理解できていなければ、かなりの労力を使うことは言うまでもありません。

当事務所では、同業の司法書士や行政書士の方からの韓国戸籍収集及び翻訳のご依頼も多数いただいております。

お気軽にご相談ください。

帰化申請 大阪 net の司法書士・行政書士 まえかわでした。

本日は、午前中から帰化申請のご相談の予約が入っていました。

その案件とは別に、午前中にお電話を頂き、帰化申請用の韓国家族関係記載事項証明書の翻訳をご依頼頂きました。

お近くとのことで原本をお持ち頂き、内容を拝見させて頂いたところ、領事館で取得する書類はすべて揃っていたのでよかったです。

実際の帰化申請に必要な戸籍を集める場合は、過去の除籍が必要になるケースのほうが多いので、このご依頼者に関してはすぐにすべてが揃ってラッキーですね。

当事務所で受ける案件が、すべてこうすんなり終わればいいのですが、実際にはスタッフに2回ぐらいは領事館に行ってもらうケースが多いので(時間をかければ一回で取れますが、領事館が込んでますので・・・)骨が折れます。(翻訳枚数も普通多いですし、帰化報酬に含まれてますので、除籍が多いと結構事務所としては大変ですが・・・)

帰化申請は自分でチャレンジされるけど、帰化に必要な戸籍の収集、翻訳のみのご依頼も大歓迎です。

お気軽にご相談ください。

大阪の司法書士・行政書士の前川でした。