» 自分で帰化のブログ記事

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

当事務所では、帰化用の翻訳のみでお受けしております。

ただし、実際には翻訳費用がフルサポートの帰化手続きでお受けしたほうがもっと安くなるケースが多く、結局はフルサポートで帰化をお受けするケースのほうが多いです。

といいますのも、帰化申請に必要な韓国戸籍(韓国家族関係証明書等)は、思いのほか多く、特に40代以上の世代の方は運が悪ければ50枚以上の翻訳を用意する必要があることも少なくありません。

帰化を自分で申請して安くすませたいと、自分で進め始めはしたものの、ふたを開けてみれば、翻訳だけで数十万円かかるなんてこともある話です。

年配の方の帰化で、翻訳だけの見積もりが30万円出て、翻訳を含めた帰化のフルサポートの見積もりが20万円なんて逆転してしまう場合もありうる話です。

帰化をされるときは、総合的に判断されることをお勧めします。

よろしければ、ご自身で集められた韓国戸籍等をお持ちいただき、翻訳だけお受けするのがよいのか、フルサポートでご依頼いただいたほうがお得なのかの判断をすることも可能ですので、お気軽のご相談ください。

PR 帰化申請が5万円~  帰化 大阪.net 大阪以外の他府県全国の帰化申請のサポートが可能です。お気軽にご相談ください。

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

法務局に帰化の相談にいって、帰化をあきらめる方は少なくないのです。

まず、法務局で嫌な思いをし(優しい法務局職員も多いですが、中には心無いことを言って傷つける職員もいるにはいます)、そんなところに通わないと帰化できないぐらいならもう帰化やあきらめると考える方。

また、表面的な説明をして、そんなんでは帰化できないよ。と言われてしまい、帰化をあきらめてしまうケース。

そんな場合でも、帰化申請をされたいという気持ちがあればあきらめるのはまだ早いかもしれません。

帰化の専門家に一度相談されるのもひとつの方法です。

ダメ元で相談されれば、今すぐ帰化申請がもしかしたらできるかもしれないし、今は無理でもどうなったら帰化ができるかという情報を得ることができ、将来に向かって準備をすることが可能となります。

お気軽に全国の帰化相談お待ちしております。

PR 帰化申請が5万円~ 帰化 大阪.net

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

帰化なんて自分でできる。

そう考えている方も多いことでしょう。

そのうちのどれぐらいの方が最後まで自分で帰化されているかは定かではありませんが、割合で言うと最初からか、途中から司法書士・行政書士などの帰化専門家に依頼される方のほうが多いと思われます。

単に書類を収集して、帰化申請書を作成するだけではありません。

帰化申請の経験の多い、当職のような帰化専門家ですと、帰化手続きでどこが突っ込まれてくるから、その部分の収集書類や帰化申請書に関して、特にご自身に把握していただくとともに、突っ込まれどころをなるべくなくす、あったとしても、帰化申請者の方にきちんと説明をできるように重要な情報の共有は必須となります。

ご自身で帰化申請をすすめたり、不慣れな専門家に依頼する場合はここができません。

出す必要のない情報を書類で見せてしまったり、伝えたりして墓穴を掘ることが非常に多い。

後の祭りです。

帰化の必要書類もただ単に集めて出せばよいというものではありません。

その方の状況と書類の内容が完全に合致しなければいけませんし、食い違いがあれば突っ込まれてどこまでの情報を職員に伝えたらいいのかわからない状況にもなります。

もちろん、嘘を伝えることはできませんが、聞かれてもいないこと不必要なことを伝えてしまうのは避けるべきです。

どこまでが絶対に、伝えないといけない情報か一番知りたいところを痒い所に手が届くように知ることができるのが、帰化手続きに精通した帰化専門家にご依頼いただくメリットです。(ただし、帰化専門家でも誰でもそれができるものではなく、帰化専門家の資質にもよりますので、帰化ご依頼者さまがご自身でご判断をしていただく必要があります)

弊所はご依頼者さまの帰化のサポートを全力でいたします。

お気軽にご相談くださいませ。

帰化が5万円~  帰化 大阪.net 帰化申請については、大阪、兵庫、奈良、京都以外でも全国の都道府県在住の方にご対応いたします。

お気軽にお問い合わせフォームまたはお電話にてご連絡お待ちしております。

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

帰化申請を自分でするときに一番最初にすることは、法務局に相談に行くことです。

住所地の帰化管轄の法務局でご相談されるほうがよろしいです。

法務局によっては、事前に帰化相談の予約が必要なところがほとんどです。

大阪法務局本局、大阪法務局東大阪支局は、現在のところは予約なく帰化の相談が可能です。

帰化の管轄の法務局に行っていただければ、ご自身が帰化の要件をみたしているのかどうか、どんな書類が必要なのか、そのためにどこでどんなことをしなければならないのか、がざっくりとはわかっていただけると思います。

そして、法務局に帰化のご相談に行かれた方のうち、ご自身で帰化申請はできないとあきらめる方の割合は非常に高いです。

帰化要件をみたしている方に関しては、そのタイミングで帰化の専門家である弊所のような事務所にご相談されることをお勧めします。

ご自身で帰化申請は無理と思いながらも、そのままあきらめ何年か経ってしまうことも非常に多いことです。

いざ帰化申請をしようと思ったら、状況は変化して帰化の要件をみたさなかったりすることもあります。

ご自身で一気に帰化申請手続きをすすめるか、早々に帰化のエキスパートに依頼する。二つに一つです。

帰化申請が5万円~   帰化申請net 大阪 帰化についてのご相談・ご依頼は大阪、兵庫など以外でも全国対応いたします。

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

弊所では帰化申請の業務に非常に力をいれております。

既に数えきれない方の帰化のお手伝いをさせていただき、お喜びの声をいただき、幸せを分けていただきやりがいのあるお仕事です。

弊所では帰化手続きだけではなく、ご自身で帰化をされる場合の韓国戸籍の収集・翻訳(翻訳のみも可)のみの受任も可能です。

翻訳については、帰化用の翻訳プランもご用意しておりますので、お気軽にお電話またはお問合せフォームにてご相談いただけましたら幸いです。

PR  帰化申請が5万円~  帰化 大阪.net 帰化は大阪、兵庫など関西圏以外の全国の帰化のご相談・ご依頼にご対応しております。話しやすい女性司法書士・行政書士が対応いたします。

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

帰化申請の専門家にご依頼される場合は、どこまでやってもらえるかは必ずご確認ください。

弊所の帰化フルサポートプランでは代理でお取りできる帰化申請に必要な書類はすべて収集させていただきますし、開始の段階で本国の本籍地が不明などの場合も無料でその部分より調査させていただいたり、ただ単に帰化に必要な書類を集めたり作成したりするだけではなく、出来る限りのサポートを心がけています。

そんな、弊所の帰化フルサポートの場合でも最低限ご自身でしていただかないといけないことがあります。

① 書類を収集するために必要な情報をいただくこと

② 申請書を作成するために必要な情報をいただくこと

③ ご本人でしかご用意できない書類をご用意いただくこと

大まかにこの3つです。

①は例えばご本人の出生届の届出地、韓国の本籍地などの情報などです。分からない場合はそれぞれ個々にご対応しております。

②は履歴書や家計簿などの情報をいただく必要があります。

③はご職業によって異なりますが、例えば会社員であれば源泉徴収票や給料明細などです。

逆に言えば、上記をご協力していただければ、帰化手続きは進むということです。

(もちろん、申告すべき税金の申告や、納税などすべき義務を果たしている前提となります。それがまだの場合は、別途内容をお伺いし解決策をご提案するようにしています)

全く何もしなくて帰化をするというのは帰化の専門家にご依頼されても無理ですが、逆にご協力いただくことも通常はそれほど多くないことも上記よりお分かり頂けると思います。

ただし、帰化のご相談、ご依頼いただく専門家によっては書類を自分で集めなければならなかったり、法務局に何度も足を運ばなければならなかったり(最低どなたでも3回は法務局に行く必要があります)しますので、帰化申請の専門家選びは慎重にされることをお勧めいたします。

弊所では、経験豊富な女性司法書士(行政書士資格も保有)が対応いたしますので、お気軽に帰化についてご相談くださいませ。

PR 帰化申請が5万円~  帰化申請 大阪.net

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

帰化申請を自分で申請する方もいらっしゃいます。

自分で帰化申請の手続きを進めるにあたり、メリット、デメリットがあり、一概に自分で帰化手続きを進めるのがいいとか悪いとかの判断は難しいところです。

しかしながら、もし私が自分が素人で帰化手続き(韓国籍の場合)をするとすれば迷わず帰化の専門家である司法書士(または行政書士)に依頼すると思います。

その理由は

① 自分でするために、法務局に通ったり、必要書類を集めるためにその手続きについてネットで情報収集をしたり役所等に電話をして聞いたりする労力と時間がもったいない。

② 韓国の書類を収集するために何度も領事館に行ったり、翻訳も自分ではできないため、その部分のみ依頼するにしても、結構な費用がかかってしまう。

③ 法務局に相談に行っても、表面的な必要書類などは聞けても、本当に聞きたい部分は言ってしまっていいのかどうかの判断がつかないので、法務局以外の専門家に相談する必要がある。

が代表的なものとなります。

①に関しては、普段よりそういった手続きになれており、また、調べたり請求したりという作業自体が好きで、負担と感じない方にはできるかもしれません。

ただ、自分でしたらそんな労力や時間をかけるなら、安い費用で帰化専門家にお願いできるなら避けますね。

②に関しても、安い費用の帰化専門家にフルサポートで依頼した場合は、翻訳事務所に頼んで自分で帰化申請するよりも安くできることがあるので、自分で翻訳ができない限りはフルサポートで頼める帰化専門家に依頼します。※弊所ではフルサポート帰化が10万円(キャンペーン適用外は12万円)からですので、十分に翻訳料より安くなる可能性ありです。

③に関しては、帰化の要件的なところを満たすかどうか、あるいは帰化要件は満たしていてもそれを証明できる書類に不備がありえる、または提出できない場合、その他、さまざまなケースが考えられますが、要件的な部分に支障がある可能性があるか(自覚していなくてこういった方も非常に多いです。そのような方は法務局で要件を満たさないといわれてすぐ帰化をあきらめていることも多いようです。実際には解決策があるケースも少なくありません)の判断ができない場合は、帰化の専門家に相談するほうがよいでしょう。

自分で帰化手続きを進めることがメリットが多いのであれば挑戦されてもよろしいかと思います。

実際には自分で帰化を進めようとしたけども数年が経過してしまし、結局は帰化の専門家に依頼することになった、あるいは一度法務局に相談にいったけれども、そのまま放置されてしまって数年後に帰化専門家に依頼するなどのケースも多いため、もしご自身での帰化をやり遂げる強い意志がない場合は、最初から司法書士(または行政書士)などの帰化の専門家にご相談されることもひとつの方法です。

PR 帰化申請が5万円~  帰化申請.net 帰化は大阪、兵庫など関西以外の他府県も全国対応可能です。

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

帰化に必要な韓国戸籍は、提出する帰化の管轄法務局によって若干異なりますが、基本的には

①申請者の証明書5種類(基本、家族、婚姻、入養、親養子)※詳細証明

②父母の 証明書(家族、婚姻)※詳細証明

②除籍謄本  父母本人が載っているもの ※父母に関しては本人の出生の年月日の分から。(ただし、母の分は出産が可能な年齢から必要といわれる法務局あり)

簡単そうに見えますが、集めるのは一度では一般の方では難しいです。

領事館では言ったとおりの書類が出てこないものと思っておきましょう。

弊所では帰化に必要な韓国戸籍の収集及び翻訳のみでもお受けしております。

帰化申請のご相談はお気軽にどうぞ。

PR 帰化申請が5万円~

帰化申請 大阪.net

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

帰化申請は自分でできる。

とお考えの方は多いと思います。

私もそう思います。

しかしながら、物理的に「できる」というのと実際に「できる」というのは違うのです。

「自分で帰化申請ができる」と考えつつ、帰化したい気持ちもあるのに、今まで帰化ができていない方は非常に多いのです。

確かに、法務局に何度も行き、必要書類を聞いては領事館や役所に行ったり郵送手続きを電話で調べては集め、それをもってまた法務局で見てもらいあれが足りない、これがきちんと作成されていないから訂正などと言われ、翻訳事務所もなるべく費用の低いところでお願いするためにいろいろと調べて・・・etc

考えるだけでしんどくなってしまって、結局最初の法務局の相談さえも始めていない方が圧倒的に多いのです。

これはもやは、「できない」

と同じ結果になってしまっています。

また、法務局に一度行ってみて諦める方も多いです。

諦めるタイミングで帰化の専門家に相談してみましょう。

一度相談に行ったら、なんだ本当にもっと早く依頼しておけばよかったと思われるはずです。

本当の意味で

「帰化が自分でできる!」方以外はお気軽に帰化申請のエキスパートの弊所帰化専門家にご相談ください。

PR 帰化申請が5万円~

帰化申請.net 帰化は大阪や兵庫などの近畿圏内以外でも全国対応可能です。

大阪の帰化申請をはじめとし、兵庫、奈良、京都その他北海道から沖縄まで全国の在日の方の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

帰化を専門としてお手伝いしておりますが、帰化手続きの専門家にとって一番手がかかる部分が

「課税証明、納税証明書などの公的所得証明」 と

「帰化手続きに提出する収入証明」

の金額を合わせる作業です。

おひとり暮らしで、同じ会社のみで数年働かれているかたなどは楽なケースですが、いろいろな職場を数年の間に点々とされていたり同時にいくつもの仕事をされている場合は、本人でなくても上記の作業は必要です。

何もしなくても額があってくることは半分程度。

特にアルバイトの短期だったり単発の仕事の場合は、市が把握していないことが多く合わなくなっている。

そういうケースでは、ご自身で帰化されるとどこかの時点で失敗するケースとなります。

そういった意味でも帰化の専門家を通じて申請されることがおすすめかと思われます。

PR 帰化は難関国家資格の司法書士にご相談ください。(もちろん行政書士も兼業ですので、ご相談できる業務範囲も広いです)

帰化が5万円から 帰化申請.net

帰化申請 大阪のWEBページ

司法書士・行政書士事務所案内

悠里司法書士・行政書士事務所
大阪市福島区
地下鉄野田阪神・阪神野田・JR海老江徒歩1分
06-4256-7595

 

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031