» 帰化相談のブログ記事

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

帰化申請は自分でもできる。

そう思われている方は多いかもしれません。

しかし、すべてがすべてそうとは言い切れないのが実際のところです。

自分で法務局に帰化申請の相談に行ったときに、何の問題もなくすべてを伝えて、必要な書類も問題なく収集できる方は労力時間を問わなければ自分で帰化ができると思われます。

ところが、法務局に帰化の相談に言ったものの事情のすべてを説明できないあるいは伝えてよいのか判断がつかないといった何らかの事情がおありの方は迷わず帰化の経験豊富な弊所のような専門家にご相談されることをお勧めいたします。

そういった事情がおありの方はそのまま伝えてしまった場合には法務局では帰化の許可は難しいと言われ自分は帰化はできないと思い込まれて諦められる方も少なくなく、そういったケースでも帰化をしたいという意思をお持ちでしたら今後どうすれば帰化ができるようになるか、そこを解決してぜひ帰化申請に挑戦していただきたいです。

そのために当職のような帰化の専門家がいるのです。

また、重要な事情を説明できずに戻ってこられた方は結局のところ自分は帰化ができるのかどうかがわからないままになってしまうという場合もあると思います。

何らかの問題がありそうな方こそ帰化申請の専門家にご依頼、ご相談をされるのがベストなのです。

PR 在日の方の帰化が5万円~

帰化申請.net 帰化は大阪など近畿圏以外の全国対応も可能です。

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

帰化で一番重要な作業は、添付する書類と申請書の内容に食い違いがないように作成し、突っ込みどころがないようにすることです。

これは、帰化申請に特化した専門家でしかできないところです。

ご自身で帰化申請をする場合は、法務局に直接出向き、必要書類の一覧を作ってもらいます。

しかし、申請者の個人の情報を洗いざらい法務局に言ってしまうのは気が引ける、あるいは伝えることができない事情がおありの方も多いのです。

そういった場合は、本当に知りたい、どうやって帰化申請をしたらよいか?

という一番知りたいところを知ることができないのです。

どうすれば添付する書類と申請書で突っ込みどころがないようになるか?(どうしてもならない場合もありますが・・・)

事実を隠さずに、ありのままを見せながら帰化を進める方法があるのか?

一番知りたいところをお教えすることができるのは弊所のような帰化に強い専門家です。

お気軽にご相談くださいませ。

PR 帰化申請が5万円~

安心価格でしかも司法書士なので安心。 帰化申請.net 悠里司法書士・行政書士事務所(大阪市福島区) 梅田、なんばより10分程度でアクセス可。尼崎からも10分  帰化は全国対応いたします。

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

韓国語翻訳(韓日、日韓)にも対応しております悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

帰化申請を決意される主な理由のひとつにご結婚があります。

入籍される前提として帰化をしたい。

あるいは、日本に婚姻届を提出後、できればお子様ができる前に帰化の許可がされたい。

今、妊娠中でなるべく早く帰化をしたい。

さまざまなパターンがあります。

帰化と婚姻届どちらが先のほうがよいか?という問題がありますが、これに関しては、その方の状況によって一概にどちららのほうがよいですよということができないので、もし最適な帰化のタイミングを知りたいということであれば、お気軽にご相談頂ければ幸いです。

その方を取り巻く環境や、状況によって、答えはひとつではありません。

あらゆる方法があるので、この場合のメリット、デメリット、違った方法での予測される状況などケース別に提示し、ご相談者さまに最適な進め方を選んでいただけるよう努めております。

PR 帰化費用のキャンペーン実施中!

帰化申請がなんと5万円~  帰化申請.net

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

在日韓国人・朝鮮人の方の相続人にも強い大阪の悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

帰化をするタイミングは何といっても、

「ご自身がしたいと思うタイミング」

です。

なおかつ、

「帰化の要件を満たして、その書類の提出も問題ない状態」

であることが必要です。

上記の2点が揃っていれば迷わずに帰化してください。

そうでないと、時機を失ってしまう可能性があります。

具体的には、サラリーマン時代に収入が書類上も安定しているときに帰化しようと思っていたけど、独立して確定申告の所得金額を十分に上げられない状況になってしまった、会社の業績がよかったけども数年赤字が続いてしまっている、ずっと問題ない経営をしてきたのに近年税務調査で重加算税を課されてしまった、など。

その方の状況は日々変化しています。

要件を満たして、きちんとその証明がだせる状態であるのに、多忙という理由で帰化を先延ばしにしていると、本当にしたいときには状況が変わっていてすぐにはできないということは帰化のご相談をお受けしていると非常に多く、残念な限りです。

忙しくても弊所のように帰化に特化した専門家に任せて頂ければ各段にご本人にして頂くことは少なく、皆様こんなんならもっと早くにしておけばよかったとおっしゃる方が多いのです。

「帰化したい」

方は、今がそのとき。

要件を満たしているか、満たしていたとしても書類は完備できるのか?分からないことだらけだと思いますので、お気軽に帰化についてのご相談をしていただけましたら幸いです。

PR 帰化申請が5万円~

帰化申請専門の女性司法書士(行政書士とは人数、難易度も全く違う専門家です)が対応いたします。

帰化申請.net 悠里司法書士・行政書士事務所(大阪市福島区)  帰化は全国対応です!

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

在日韓国籍の方の相続にも強い悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

帰化に絶対に必要な書類は決まっております。

大体は決まっているものの、細かな運用は法務局によって異なります。

必要な本国書類の範囲や、納税証明書、課税証明書の付け方、受付時点で必要な書類の範囲(法務局によっては受付後の追加提出で可能という場合と、受付時点でそろっていないと受け付けができないといけないという判断が異なってきます)など様々な違いあります。

どういったところで違いがでて、どういったところは統一されているか、これは色々な法務局管轄での帰化の申請の経験によって分かってくるものです。

弊所では、事前に相違がある点について確認して進めて行くので、直前に判明してバタバタするということは通常ございません。

帰化の経験豊富な弊所にお気軽にご相談頂けましたらと思います。

PR 在日韓国籍・朝鮮籍の方の帰化が5万円~

帰化申請.net 悠里司法書士・行政書士事務所(大阪市) 帰化は全国対応です!

大阪(大阪府、大阪市)の帰化申請をはじめとし、兵庫、奈良、京都その他全国の在日の方の帰化のお手伝いをしております。

韓国籍・朝鮮籍の方の相続にも非常に強い専門家。 悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

今週10月10日土曜日の帰化相談のご予約状況は下記のとおりです。

午前中 予約済

午後  13時~14時半 予約済

午後 14時半~15時半 予約可能

午後 15時半~16時半 予約可能

現時点では午後の2枠はまだ予約可能な状態となっております。

帰化申請についてのご相談はお気軽にご予約のお電話を頂けましたら幸いです。

PR 在日韓国人・朝鮮人の方の帰化申請がなんと5万円~

帰化申請 大阪.net 帰化申請は全国対応です。   悠里司法書士・行政書士事務所(大阪市福島区)

帰化申請を大阪、兵庫など関西でされる方に限らず全国の帰化のサポートをしております。

在日の方の帰化のエキスパート悠里司法書士・行政書士事務所です。

最近多いお電話が、

「明日たまたま仕事が休みになったので帰化の相談に行ってもいいですか?」

というものです。

大歓迎です!

帰化のご相談の予約でたまたま埋まっている場合もございますが、予約があいている限り明日に限らず当日でも可能です。

(空いていない場合は、何卒ご容赦くださいませ。なるべく次の予定もご都合をご考慮させて頂きます)

お気軽にご連絡頂けましたら幸いです。

代表の司法書士・行政書士 前川郁子でした。

PR  在日韓国・朝鮮籍の方の帰化申請が9万円(税別)~。(韓国戸籍取得・翻訳込プラン)

帰化申請.net