» 帰化申請の法務局のブログ記事

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

帰化の要件は国籍法に定めらています。

でも、これを実質満たしているだけでは帰化の許可がされるとは限りません。

帰化申請に必要となる書類を完備できなければなりません。

そしてその添付書類につき微妙な判断がかかわる場合うは、どこの管轄の法務局に帰化申請をするかというのは結構大きなポイントとなることがありません。

本気で帰化申請を考えられている場合はそのような裏情報?も含めて相談が可能な帰化の経験多数の帰化専門家にご相談ください。

PR 帰化が5万円~  フルサポートプランでも10万円~ 司法書士(行政書士とは違う難関国家資格)の帰化に非常に強い専門家が対応します。

帰化申請 大阪.net 帰化は大阪、関西圏のみではなく全国対応可能です。

大阪の帰化申請をはじめとし、兵庫、奈良、京都その他北海道から沖縄まで全国の在日の方の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

帰化をする際に問題になる点で多いのが、実際に住んでいるところと住民票通りの住所が違っていることです。

結論から申しますと、基本的には帰化申請の前提として、実際の住所に住所移転の手続きをしたうえで帰化申請する必要があります。

住所移転は義務となっておりますので、移していないと素行要件を満たさない可能性が出てくることもありますし、また何より実態と書類が違うと書類が合いませんので法務局は移転を指示されます。

住所移転の届出が面倒でそのままになっている場合などはしていただければよい話ですが、その方それぞれに住所移転されない理由はさまざまです。

そういった方で帰化を進めようと思われている方は一度帰化手続きに特化した弊所にご相談いただけましたら幸いです。

PR 帰化申請が5万円~

サイト:帰化申請.net 帰化は全国対応いたします。女性司法書士(行政書士も兼業)がご対応させていただきますので、幅広いご相談も可能です。

大阪の帰化申請をはじめとし、兵庫、奈良、京都その他北海道から沖縄まで全国の在日の方の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

帰化の管轄は基本的にはお住まいの住所の管轄の法務局になります。

単に近い法務局ではなく、帰化を担当する国籍業務(総務や戸籍業務と同一になっているところが多いです)の管轄となりますので、以前不動産や会社の登記などでお近くの法務局を利用されたことがあっても一緒とは限りませんのでご注意ください。

一番確実な調べ方は、法務局の公式サイトより管轄法務局を探すことですが、ポイントは

「地図で探す」という機能で探すこと。

これで探せばすぐに見つかります。

時短ですね。

PR 帰化申請がなんと5万円~

帰化申請.net

帰化をお考えなら行政書士兼業の司法書士(行政書士と司法書士は難易度も全く別の資格)にご相談ください。

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

本日も、2つの法務局に帰化の書類点検に行ってまいりました。

いつも行く法務局なので、特になんてことなく身構えてもいなかったのですが、一つ目の法務局で久しぶりに非常に嫌な思いをしました。

私が数件を持ち込んだため、業務が立て込んできたせいなのか、ろくにこちらの質問は聞かず、遮り、一方的に自分の伝えたいことを言って(あとで書類を確認したら追加指示の書類さえ間違っていました。こういう職員に限って冷静な判断ができず仕事も適当なのです。)、終わろうとする。

コミュニケーションってキャッチボールがないと成り立たないのです。一方的に話を聞いても、はっきり言ってこちらのほうが色々な法務局のさまざまなケースを経験し、しかも書類もゼロからゴールまで実際にそろえているのです。

それも気分によってこういう態度はやめていただきたい。

私には今回のような態度は初めてですが、一般の方の相談の場合は、非常に悪い態度の職員は減ったとはいえ、今でも少なくありません。

横で聞いていて気の毒になるぐらい、ひどいときがあります。

まず、ため口のチェック担当職員。

どうして、初対面なのにタメ口ができるのか?

帰化申請のご相談者の中には、事前の法務局への相談で、職員にひどい態度をとられ、そのためトラウマにより帰化を長年あきらめてきた方結構多いのです。

管轄によっては、チェック職員がその人しかいない、戸籍、総務課にその人しかいない、など避けようのない場合があります。

そのような場合は帰化の申請者の方のお気持ちを察すると非常に心苦しいのです。

もし、過去にもめたりした人がチェック担当の職員であれば、事前チェックでは私が行きますので会う必要がないですし、きちんと次回受付OKをもらえば、次回の受付時は中の職員に直接受付をしてもらえるよう(管轄によっては、受付当日再度チェック担当のチェック後受付になる法務局も少なくありません)便宜をはかってもらったりなるべく帰化の申請者の方に嫌な思いをしていただかないためにできることをつとめます。

特に中の職員は転勤などで入れ替わることが多くても、チェック担当職員は、過去に法務局などで勤務していて引退した後でしている人が多いので、長年同じ人がチェックしているということはよくある話です。

できれば名指しで文句でも言いたいですが、ほとんどの職員の方はきちんと対応していますので、誤解のないように説明を加えておきます。

ちなみに二件目にチェックにいった法務局では、いつでも非常に温かく私を歓迎してくれて、今日は、「先生のホームページ(多分ブログ?)見たことありますよ」

と非常に親近感を持っていただけて最初の法務局の嫌な気持ちが消え去りました。

人の言動は、他人を簡単に不幸にしたり、幸福にしたりできるものです。私はたくさんの人を幸せな気持ちにできるようにしたいとあらためて思いました。

PR 帰化申請.net 帰化申請が5万円~ フルサポートでも安心費用で帰化ができます。

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

日本一相談しやすい帰化専門家を目指す、悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

日々帰化申請のご依頼を受け、さまざまな管轄への帰化のお手伝いをさせていただいておりますと、その管轄の取り扱いの違いに非常に不公平感を感じずにはいられない場面があります。

一般的に必要な書類は決まっているとはいえ、細かい運用は法務局ごとに違うのが実際の帰化手続きです。

私は、本当にいろいろな法務局のいろいろな職員の方、チェックの担当の方などに接するので全体的に見ることができますが、当の職員の方は同じ法務局の支局での移動などはあっても、他の本局管轄がどういった運用をしているかを知ることはほとんどありません。それどころか、同じ本局、地方法務局管轄の支局であっても、本局や他の支局の運用と違っていることも多々あり、うちの管轄はこうだから!と聞く耳持たずという場合も少なくないのです。

でも、書類ひとつ取るのにも費用がかかります。

手間もかかります。

本国書類であれば、弊所のように翻訳込の帰化プランでない限り、別途翻訳事務所への支払いも発生します。

そのような違いが、どこに住んでいるかによって生じることには正直不公平感を否めません。

まあ、弊所にご依頼いただければ大変なのはお客様ではないのでまだましなのですが・・・

日々、帰化の書類点検や相談などで各地の法務局に行ったり電話で話したりしているとこんな愚痴もたまにしてしまいますね((・・;)汗)

悠里司法書士・行政書士事務所 代表 司法書士・行政書士 まえかわいくこ

PR 帰化が5万円から   帰化申請.net

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、奈良、京都その他北海道から沖縄まで全国の在日の方の帰化のお手伝いをしております。 韓国人・朝鮮人の方の相続にも非常に強い悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。 弊所では、関西地方以外の方の帰化申請のお手伝いもしております。 ご来所頂けない場合でも、帰化をお受けすることが可能でございます。 たとえば韓国籍の方の帰化の場合は、基本的には韓国領事館(限られたところでしか出ません)にて戸籍のようなものを集めて翻訳文を用意する必要がありますが、弊所は大阪の韓国領事館からも近く、頻繁に行っておりますので非常にスムーズに書類の収集が可能です。 さらに全国の方の書類をお取りすることができます。 領事館で取得する書類のみならず、日本全国に散らばっている書類もすべて郵送での取り寄せが可能ですので、遠方の方の帰化でもフルでサポートが可能です。 お住まいの地域に関わらず帰化についてはお気軽にご相談頂けましたら幸いです。 PR 帰化申請のことならおまかせください。 帰化が5万円~  帰化のことなら帰化申請.net 悠里司法書士・行政書士事務所(大阪) 梅田、なんばから10分以内でアクセス可、駐車も可。 帰化は全国対応です。ご来所不要で帰化も可能です!!

大阪、兵庫(神戸、尼崎、西宮、宝塚、三田、伊丹など)の帰化申請をはじめとし、全国の在日の方の帰化のサポートをさせて頂いております。

大阪の悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

帰化申請をする際に気になるのが、帰化の許可が出るまでの期間です。

そして、この期間は提出する管轄法務局によって異なるのか気になりませんでしょうか?

答えは・・・

「違うことがありえる」

です。

大阪府下、兵庫の東方面など帰化が多い法務局を除いては、法務局での帰化に対応できる職員がほとんどいません。

そういった法務局ですと、書類チェックや受付のできる職員が出張に行っていたり別の予定が入っていたりで、ひどい法務局ですと予約して1か月以上も待たされることがあります。

弊所などの帰化申請に非常に強い専門家でしたら、先を見越して書類チェックと受付の予約までを職員を説得して一度に入れることにより時間を短縮したりするノウハウを使いますが、一般の方であれば何度も通ってやっと受け付けてもらえるというのに、それが毎回1か月待ちなんて集めた書類が切れることも考えられ、非常に不便です。

ゆえに、結果として帰化の少ない法務局は受付までに時間がかかる可能性があり、その分許可がでるまでの時間に差がでることは十分にありうるということです。

PR 在日韓国人・在日朝鮮人の方の帰化申請が翻訳込で9万円~

帰化申請.net

在日の帰化申請(大阪 兵庫)に特化した悠里司法書士・行政書士事務所です。

帰化申請の提出先は居住地管轄の法務局国籍課となります。

一般的な帰化申請の必要書類は基本的な枠組みは定まっています。

ところが、管轄の法務局によって細かな添付書類の範囲や種類にかなり違いがあります。

たとえば、大阪法務局管轄の住居地に住んでいて、帰化に必要な書類を大阪法務局に確認後、神戸地方法務局管轄の住居地に移転した場合などは、以前案内された書類を揃えていっても受け付けされない可能性があるので要注意です。

どちらにしても、帰化申請については、面接のときに自分の状況をどう伝えるか?言う必要のないことまで伝えてしまって話が複雑になる場合なども考えられますので(当然伝える必要のある範囲は隠すことはできません)、帰化申請に特化した専門家(司法書士や行政書士)にご相談されるほうが無難です。

悠里司法書士・行政書士事務所 代表 まえかわいくこ

PR 大阪、兵庫(尼崎市、西宮市、宝塚市、神戸市などその他)の帰化申請が韓国語翻訳料も込で9万円~

お気軽にご相談ください。

帰化申請に力を入れている大阪の悠里司法書士・行政書士事務所 まえかわです!

大阪府下を中心に帰化申請手続きのサポートをさせて頂いておりますので、大阪府下の国籍課のある法務局はほとんどすべて(まだ富田林だけは地理的に遠いのでほぼないですね・・)、それもかなり頻繁に足を運んでいます。

その中でも、やはり管轄が広い

「大阪法務局(本局)」に行くことが特に多い。

どの管轄の法務局でも、大抵既に顔は覚えて頂けていますが、大阪法務局本局では件数が多いため複雑な案件や、難しい案件などもよく当たります。

今日も帰化の事前チェックで大阪法務局本局にいきました。

簡単なケースで全く問題なかったのですが、以前複雑な案件でチェックしてくれた職員の方(この人はかなり念入りにしかも、ポイントを押さえてチェックしてくれるので、私も勉強になるしなかなかgood)にまた当たりました。

最後に

「今日のは単純なものでよかったね」

といつもクールなこの職員の方が微笑んでくれたので、とても気分がよかったです。

小さなできごとでしたが、それでその後気持ちよく今日一日しごとができて感謝です!!

まえかわいくこ

PR

韓国籍の方の相続登記(不動産の名義変更)にはこんな書類が必要です。

在日韓国・朝鮮籍の方の相続登記についてはお気軽にご相談ください。

司法書士の登記業務で、大阪の法務局はよく訪れますが、帰化申請は登記申請の管轄と違い、また部門も登記部門と国籍課とは普通階なども違うため、あまり行かない法務局の国籍課を訪れるときは、何か新鮮な気持ちになります。

職業柄、法務局の出入りが多いので、あそこに行くと何だか落ち着くんですよね。

在日の方の帰化申請(大阪 兵庫)に特化した悠里司法書士・行政書士事務所 

所長 前川でした。