» 帰化兵庫のブログ記事

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

7月は帰化申請に着手する方が多い月です。

どうしてか?

は、私も分かりませんが・・・(笑)

梅雨があけて空も心も晴れて新しいことをはじめる気持ちになるということかもしれません。

まだまだ7月帰化スタート間に合います。

帰化についてのご相談はお気軽にご連絡お待ちしております。

PR 帰化申請が5万円~   帰化申請 大阪.net 帰化については大阪、兵庫、奈良、京都以外でも全国対応いたします。お気軽にお電話またはお問合せフォームよりご連絡お待ちしております。

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

帰化なんて自分でできる。

そう考えている方も多いことでしょう。

そのうちのどれぐらいの方が最後まで自分で帰化されているかは定かではありませんが、割合で言うと最初からか、途中から司法書士・行政書士などの帰化専門家に依頼される方のほうが多いと思われます。

単に書類を収集して、帰化申請書を作成するだけではありません。

帰化申請の経験の多い、当職のような帰化専門家ですと、帰化手続きでどこが突っ込まれてくるから、その部分の収集書類や帰化申請書に関して、特にご自身に把握していただくとともに、突っ込まれどころをなるべくなくす、あったとしても、帰化申請者の方にきちんと説明をできるように重要な情報の共有は必須となります。

ご自身で帰化申請をすすめたり、不慣れな専門家に依頼する場合はここができません。

出す必要のない情報を書類で見せてしまったり、伝えたりして墓穴を掘ることが非常に多い。

後の祭りです。

帰化の必要書類もただ単に集めて出せばよいというものではありません。

その方の状況と書類の内容が完全に合致しなければいけませんし、食い違いがあれば突っ込まれてどこまでの情報を職員に伝えたらいいのかわからない状況にもなります。

もちろん、嘘を伝えることはできませんが、聞かれてもいないこと不必要なことを伝えてしまうのは避けるべきです。

どこまでが絶対に、伝えないといけない情報か一番知りたいところを痒い所に手が届くように知ることができるのが、帰化手続きに精通した帰化専門家にご依頼いただくメリットです。(ただし、帰化専門家でも誰でもそれができるものではなく、帰化専門家の資質にもよりますので、帰化ご依頼者さまがご自身でご判断をしていただく必要があります)

弊所はご依頼者さまの帰化のサポートを全力でいたします。

お気軽にご相談くださいませ。

帰化が5万円~  帰化 大阪.net 帰化申請については、大阪、兵庫、奈良、京都以外でも全国の都道府県在住の方にご対応いたします。

お気軽にお問い合わせフォームまたはお電話にてご連絡お待ちしております。

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

帰化申請の専門家選びは難しいかもしれません。

会社員の方の単身の帰化ですと、比較的難易度も低く、初心者の帰化専門家でもスムーズに進められるかもしれませんが、特に経営者の方のその中でも複数の法人を経営されていたり、個人事業も含め複数の事業を経営されている方などの場合は、非常に複雑になってまいります。

そういった方の帰化申請については、弊所のような経験の多い帰化専門家にご依頼いただくのが帰化申請者の方にもご負担が少なくスムーズに進められるのではないかと思います。

経営者の方の帰化のご相談お気軽にお寄せ下さい。

PR 帰化申請 大阪.net

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。
会社役員の方の帰化申請で気を付けないといけないところはたくさんありますが、今回は税務調査について。
近年税務調査に入られた方は注意が必要です。
どれぐらい前に調査が入ったか、またそのときにどのような内容の指摘をされ結局どんな税が追徴されたかによって、帰化申請を先に延ばす必要がある場合があります。。
会社経営者の方の帰化については、帰化経験豊富な当事務所にぜひご相談ください。
PR 帰化申請が5万円~

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

帰化をされるときに、もし通称名をお使いでしたらそのお名前で帰化されることがほとんどです。

しかし、必ずしも自分が使ってきた名前を帰化後も使用しないといけないということはありません。

下の名前のみでなく上の名前も自由に決められます。

ただし、一度帰化が許可されて、日本の戸籍を作ったのちその名前を変えるとなると、今までの通称名の変更のように簡単にはできません。(とはいっても、ほとんどの方が通称名をひとつしか使っていないですが・・・)

変更するときは、家庭裁判所の許可が必要となり、簡単ではないと思っておいていただいたほうがよろしいでしょう。

帰化後の氏名を全く新しい氏名にするときは、よく考えご家族とご相談の上決定していただくことをおすすめしております。

PR 帰化申請が5万円~

帰化申請.net 帰化は大阪、兵庫、奈良、京都以外の他府県でも全国対応いたします。

大阪の帰化申請をはじめとし、兵庫、奈良、京都その他北海道から沖縄まで全国の在日の方の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

本年度に入り営業日まだ3日しかたっておりませんが、すでに帰化相談を多数させていただきました。

その中で多かったのが、入籍予定の方の帰化申請です。

婚姻予定の相手の方が日本籍で、帰化をしたいけれども帰化した後のほうが面倒な手続きがないと聴くしどうしたらよいのか?

という本当によくあるご質問です。

結論としては、「どちらでもそんなに変わらない」

と私個人的には考えています。

特にすでに妊娠中の方の場合は、先に婚姻届を日本の役所だけにでも提出されることをお勧めしております。

かなり煩雑な手続きが必要と考えていらっしゃる方多いものの、韓国書類で必要なものもほんの通数で、帰化を進める場合に集めるものの一部に含まれていますので、帰化手続きと同時進行で弊所でご用意させていただくことも可能です。

その方によってどちらが先がいいかは違ってくると思いますので、もし迷われている方は一度帰化の専門家にご相談頂けましたらベストではないでしょうか?

帰化手続きに精通した弊所までお気軽にご相談いただけましたら幸いです。

PR 帰化手続きに特化した希少資格である司法書士にご相談ください。(行政書士も兼業ですので、幅広いご相談に対応可能です)

帰化申請が5万円~ 帰化申請 大阪.net

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

帰化で一番重要な作業は、添付する書類と申請書の内容に食い違いがないように作成し、突っ込みどころがないようにすることです。

これは、帰化申請に特化した専門家でしかできないところです。

ご自身で帰化申請をする場合は、法務局に直接出向き、必要書類の一覧を作ってもらいます。

しかし、申請者の個人の情報を洗いざらい法務局に言ってしまうのは気が引ける、あるいは伝えることができない事情がおありの方も多いのです。

そういった場合は、本当に知りたい、どうやって帰化申請をしたらよいか?

という一番知りたいところを知ることができないのです。

どうすれば添付する書類と申請書で突っ込みどころがないようになるか?(どうしてもならない場合もありますが・・・)

事実を隠さずに、ありのままを見せながら帰化を進める方法があるのか?

一番知りたいところをお教えすることができるのは弊所のような帰化に強い専門家です。

お気軽にご相談くださいませ。

PR 帰化申請が5万円~

安心価格でしかも司法書士なので安心。 帰化申請.net 悠里司法書士・行政書士事務所(大阪市福島区) 梅田、なんばより10分程度でアクセス可。尼崎からも10分  帰化は全国対応いたします。

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

韓国人、朝鮮人の方の相続にも強い悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

帰化の要件として、国籍法第5条第1項第4号に

「自己又は生計を一にする配偶者その他の親族の資産又は技能によって生計を営むことができること」

とあります。

要するに、ご自身または同一生計の親族の収入などによって生計が成り立つことが原則として要件になります。

生活保護を受けている場合には、通常は帰化の許可は厳しくなると思われます。

ただし、生活保護をうけていたら絶対にだめかというとそうではありません。

国籍法第8条により例えば1号

「日本国民の子(養子を除く)で日本に住所を有するもの」

に関しては、前の生計要件を満たしていなくても帰化の許可をすることができる。

となっておりますので、父母のどちらかが日本籍であれば生活保護を受給している場合でも帰化の許可の可能性はあるということになります。

弊所でも実際に、生活保護を受給されている方の帰化で許可がおりたケースはございます。

これに対して、障害により働けず障害年金等で生計を立てている、離婚して母子手当を受けながらアルバイト収入と合わせて収入を立てているなどの場合は、収支のバランスが成り立っておれば許可されるであろうと私は判断しております。

帰化についてのご相談はお気軽にご連絡お待ちしております。

PR 帰化申請が5万円~

帰化申請.net 悠里司法書士・行政書士事務所(大阪市福島区) 梅田、なんばからアクセス10分以内。最寄り駅すぐ。

帰化は全国対応可能です!!

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

在日の方の相続にも非常に強い 悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

帰化申請の際の生計要件(収入などにより生計がなりたつこと)を満たしているかどうかは、同一世帯単位でみられます。

帰化申請をされる方が同一世帯のお一人で、その方に安定収入があり、その方お一人はその収入で問題なく生活ができたとしても同一世帯の方が何人もいらっしゃりその方たちに収入がないと、その支出を充当できるぐらいの収入が申請者の方には必要となってきます。

逆に申請者の方に収入がなくても同居ご家族等の安定収入で生活ができれば帰化には問題ありません。

申請者の方だけの収入支出だけを見られるという帰化要件についての誤解がよくあるようです。

帰化の要件を満たすかどうかは表面上だけでは、判断できず、結論としては帰化の必要書類が提出できるかどうか、それで収入が十分に証明ができるかどうか、他の書類と齟齬(くいちがい)がないかが重要で、実質生活が成り立っていても帰化できるというわけではないのが何かとわかり辛いところかもしれません。

帰化の要件を満たしているのか?

そんな簡単な疑問より解決してまいりましょう。

お気軽にご相談頂けましたら幸いです。

PR 在日韓国・朝鮮籍の方の帰化が5万円~

帰化申請手続きに強い専門家では希少な女性司法書士がハートを持った対応をいたします!

帰化申請.net

大阪の帰化申請をはじめとし、兵庫、奈良、京都その他北海道から沖縄まで全国の方の帰化のお手伝いをしております。

在日韓国籍・朝鮮籍の方の相続などにも強い悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

4月に入りましたね。

4月は何かを始めたくなる時期、そして始めるのにはとてもいい時期です。

陽気な気候もありますので、気分的にも色々なものが進みやすい季節でもあります。

帰化申請を日頃からしたいなと思われている方は、この機会に進められてはいかがでしょうか?

まずは、要件を満たしているのか(書類的にも準備が可能かどうなも重要な部分です)お気軽にご相談頂き、もし要件を満たしているようでしたらあとは決心をするだけです。

自分でしようと思っていてはいつになっても始められないのがよくある現実です。

面倒なことは帰化の専門家に任せて行楽の季節を満喫されてはいかがでしょうか?

帰化申請については、土曜相談も行っております。

ご来所の相談はもとより、全国の方の帰化の相談もメールなどでご対応が可能です。

帰化をお考えの方はお気軽にご相談頂けましたら幸いです。

PR 在日韓国人の方の帰化が5万円~

安心の女性司法書士(帰化専門家に多い行政書士とは別の希少な資格「司法書士」です)が対応!

帰化申請.net

帰化申請 大阪のWEBページ

司法書士・行政書士事務所案内

悠里司法書士・行政書士事務所
大阪市福島区
地下鉄野田阪神・阪神野田・JR海老江徒歩1分
06-4256-7595

 

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031