» 帰化の翻訳のブログ記事

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

帰化申請を自分で申請する方もいらっしゃいます。

自分で帰化申請の手続きを進めるにあたり、メリット、デメリットがあり、一概に自分で帰化手続きを進めるのがいいとか悪いとかの判断は難しいところです。

しかしながら、もし私が自分が素人で帰化手続き(韓国籍の場合)をするとすれば迷わず帰化の専門家である司法書士(または行政書士)に依頼すると思います。

その理由は

① 自分でするために、法務局に通ったり、必要書類を集めるためにその手続きについてネットで情報収集をしたり役所等に電話をして聞いたりする労力と時間がもったいない。

② 韓国の書類を収集するために何度も領事館に行ったり、翻訳も自分ではできないため、その部分のみ依頼するにしても、結構な費用がかかってしまう。

③ 法務局に相談に行っても、表面的な必要書類などは聞けても、本当に聞きたい部分は言ってしまっていいのかどうかの判断がつかないので、法務局以外の専門家に相談する必要がある。

が代表的なものとなります。

①に関しては、普段よりそういった手続きになれており、また、調べたり請求したりという作業自体が好きで、負担と感じない方にはできるかもしれません。

ただ、自分でしたらそんな労力や時間をかけるなら、安い費用で帰化専門家にお願いできるなら避けますね。

②に関しても、安い費用の帰化専門家にフルサポートで依頼した場合は、翻訳事務所に頼んで自分で帰化申請するよりも安くできることがあるので、自分で翻訳ができない限りはフルサポートで頼める帰化専門家に依頼します。※弊所ではフルサポート帰化が10万円(キャンペーン適用外は12万円)からですので、十分に翻訳料より安くなる可能性ありです。

③に関しては、帰化の要件的なところを満たすかどうか、あるいは帰化要件は満たしていてもそれを証明できる書類に不備がありえる、または提出できない場合、その他、さまざまなケースが考えられますが、要件的な部分に支障がある可能性があるか(自覚していなくてこういった方も非常に多いです。そのような方は法務局で要件を満たさないといわれてすぐ帰化をあきらめていることも多いようです。実際には解決策があるケースも少なくありません)の判断ができない場合は、帰化の専門家に相談するほうがよいでしょう。

自分で帰化手続きを進めることがメリットが多いのであれば挑戦されてもよろしいかと思います。

実際には自分で帰化を進めようとしたけども数年が経過してしまし、結局は帰化の専門家に依頼することになった、あるいは一度法務局に相談にいったけれども、そのまま放置されてしまって数年後に帰化専門家に依頼するなどのケースも多いため、もしご自身での帰化をやり遂げる強い意志がない場合は、最初から司法書士(または行政書士)などの帰化の専門家にご相談されることもひとつの方法です。

PR 帰化申請が5万円~  帰化申請.net 帰化は大阪、兵庫など関西以外の他府県も全国対応可能です。

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

弊所では帰化手続きをフルでサポートさせていただくことが可能ですが、それとは別にご自身で帰化申請をされる方用に帰化の韓国戸籍(韓国家族関係証明書等)の収集・翻訳のみでもお受けしております。

お気軽にご相談ください。

PR 帰化申請が5万円~

帰化申請大阪.net 帰化に関しては大阪や兵庫だけではなく全国対応いたします。

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

最近、毎日のように帰化の許可がおりましたというご報告がはいって自分のことのようにハッピーな気持ちになっております。

中には、複雑な案件で、身分関係が明きらかにならずに帰化ができるかどうかという件や不許可要件に一部該当してどうなるか?という場合で帰化の許可が出たときは特に帰化申請をされたご依頼者さまの喜びは大きいものとなります。

こういった嬉しい帰化許可のお声をいただくと毎日大変な翻訳をしたり、法務局で気の合わない職員と折衝したり多少大変なことがあってもなんてことないなと感じます。

今後もたくさんの方の笑顔のために尽力していきます。

PR 帰化申請が5万円から

帰化申請 大阪.net 帰化のご依頼は大阪や関西だけではなく全国対応可能です。

大阪の帰化申請をはじめとし、兵庫、奈良、京都その他北海道から沖縄まで全国の在日の方の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

韓国籍の方の帰化の場合は、韓国の家族関係証明書等の書類の添付が必要となります。

11月30日より法律の改正により韓国家族関係登録簿証明書の申請様式が変更になりました。

発行証明書の内容の種類が分かれ、一般、詳細、特定と選ぶ形になったようです。

帰化申請に必要なものは「詳細」証明が必要ですので、みなさま帰化される際にご自身で取られる場合はお気を付けください。

弊所にお任せいただければ、楽に進めることができます。

韓国の本籍地が不明な場合もご対応可能です。

お気軽にご相談いただけましたら幸いです。

PR 帰化申請が5万円~

まだ間に合う年内着手  帰化申請.net 大阪、兵庫、奈良、京都など関西だけではなく帰化業務は全国対応です!

帰化申請 大阪、兵庫、奈良、京都の関西圏をはじめとし全国の在日の方の帰化のお手伝いをしております。

在日韓国・朝鮮籍の方の相続や翻訳にも強い悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

ここ何年かの韓国籍の方の帰化申請は、家族関係登録簿証明書という簡易な証明書でほとんどまかなえておりました。

今年に入ってから除籍謄本も必要となり、実質相続に必要とされる書類プラスアルファぐらいの分量の書類の収集・翻訳が必要となっています。

しかし、必要とされる戸籍のうち枚数の多い除籍謄本はほとんどの部分が申請者やその親、兄弟などが無関係の部分。

そんなものまで翻訳をすべて用意して提出する必要があるのか?

申請者の負担は全く考えないのか?

との不満も出ます。

法務局に行ってもチェック担当の職員の方でも、

「こんな無駄なもんようさんとらなあかんなんてほんま大変よねぇ~」

と同情してくれる方もいます。

とはいえ、こちらとしては必要と言われれば整えるしかないわけで・・・。

結構ツラいですが。

PR 在日韓国・朝鮮籍の方の帰化申請が5万円~

帰化申請 大阪.net

帰化申請 大阪、兵庫、奈良、京都をはじめとし全国の在日韓国籍・朝鮮籍の方の帰化のお手伝いをしております。

大阪にあります在日の方の相続にも非常に強い 悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

今年に入って少ししてから、法務局の運用が変わり今までの何倍もの韓国の除籍謄本などの書類の収集と翻訳が必要という扱いになりました。

全国の法務局です。

運よく少なく済む場合もありますが、ほとんどのケースではまだまだいくか?ってぐらいの分量が出てきます。

こうなると、ご自身で帰化ということはほとんど現実味がなくなります。

といいますのは、翻訳だけを別に頼むと弊所で帰化として翻訳も含めて受ける費用の下手したら倍以上かかります。

帰化に必要な除籍で多い場合は100枚以上の翻訳もありますので、そうなると翻訳料だけも普通は20万円以上になります。

弊所では、翻訳も含めたフルサポート帰化申請を12万円で行っていますが、いつまでこの破格で続けていけるかは何とも言えません。

しかしながら、在日の方のお役に立ちたい思いは強く、できるところまではこれで頑張ってみようとは思っております。

PR 在日韓国・朝鮮籍の方の帰化申請が5万円~(全国対応)

帰化申請 大阪.net

帰化申請 大阪のWEBページ

司法書士・行政書士事務所案内

悠里司法書士・行政書士事務所
大阪市福島区
地下鉄野田阪神・阪神野田・JR海老江徒歩1分
06-4256-7595

 

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031