» 帰化の条件のブログ記事

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

帰化には基本的に生計の要件というのがありまして(満たさなくてもよい場合もあります)、ご自身やご家族の収入で生計が成り立っているという要件があります。

「生活ができているから要件をみたしている。」

と考えがちですが、実際にはそうはいかないケースが非常に多いです。

特に、個人事業主の方や、法人経営でも個人事業も営んでいる場合などで、一番多いケースは、経費を引きすぎて生計が成り立っているといえるほどの収入を申告していないケース。

また、十分な収入を申告していても、個人で支払うべき負債(一番ネックになるのが不動産購入に関する多額の返済)がある場合は、申告している所得では書類上は全く足りないということも少なくありません。

表面的な要件をみたしていても、そういった重要な実質要件を今すぐ満たさないケースは非常に多く存在します。

不慣れな帰化専門家にご依頼されると、時間もお金も労力もかけ、いざ帰化申請という時点で、実質要件をみたしていなかったことが判明した。

なんてことも実際には多く起こっていることでしょう。

個人事業主の方や複数の収入や法人を経営されているなど複雑なケースの帰化に関しては、経験豊富で、未然にいろいろなことに配慮ができ、無駄なことはさせない、ベストな時期と状況を説明してくれる帰化の専門家にご依頼されることをお勧めいたします。

お気軽に弊所の帰化専門家にご相談いただけましたら幸いです。

PR   帰化申請が5万円~  帰化 大阪.net 帰化は大阪、兵庫、奈良など関西以外の全国対応可能です。

タイトルにありますように、帰化申請において、添付する書類上で生計が

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

帰化申請を自分でするときに一番最初にすることは、法務局に相談に行くことです。

住所地の帰化管轄の法務局でご相談されるほうがよろしいです。

法務局によっては、事前に帰化相談の予約が必要なところがほとんどです。

大阪法務局本局、大阪法務局東大阪支局は、現在のところは予約なく帰化の相談が可能です。

帰化の管轄の法務局に行っていただければ、ご自身が帰化の要件をみたしているのかどうか、どんな書類が必要なのか、そのためにどこでどんなことをしなければならないのか、がざっくりとはわかっていただけると思います。

そして、法務局に帰化のご相談に行かれた方のうち、ご自身で帰化申請はできないとあきらめる方の割合は非常に高いです。

帰化要件をみたしている方に関しては、そのタイミングで帰化の専門家である弊所のような事務所にご相談されることをお勧めします。

ご自身で帰化申請は無理と思いながらも、そのままあきらめ何年か経ってしまうことも非常に多いことです。

いざ帰化申請をしようと思ったら、状況は変化して帰化の要件をみたさなかったりすることもあります。

ご自身で一気に帰化申請手続きをすすめるか、早々に帰化のエキスパートに依頼する。二つに一つです。

帰化申請が5万円~   帰化申請net 大阪 帰化についてのご相談・ご依頼は大阪、兵庫など以外でも全国対応いたします。

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

帰化申請を進めるにあたり、何の支障もない方がいらっしゃる反面、帰化手続きを進めていく途中で問題が判明する場合もまれ~~にあります。

帰化の要件さえ満たして居れば基本的にはほぼ100%近く帰化の許可となります。

そのまま進まないケースというのは、ご自信の身分関係を確定できないケースです。

具体的に言えば、ご自身の父母が誰かということが日本の書類と本国書類で違う場合がこれにあたります。

これも、違っているからといってそのまま帰化が進まないか?といえば必ずしもそうではなく、

食い違いがあってもそのまま帰化が進むケースと受付さえしてもらえないケースまで様々です。

この部分ばかりは、帰化申請の手続きに対する経験がモノを言います。

100件、200件ぐらいしかしていないとなかなか判別は付きにくいかもしれません。

弊所のように経験の多い帰化専門家にご相談いただくのが一番の帰化への近道かと思います。

お気軽にご相談いただけましたらと思います。

PR 帰化申請が5万円~   帰化申請 大阪.net

帰化は大阪、兵庫など近畿圏内

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

帰化の許可要件を満たしていても帰化の許可がされない場合があります。

これは、非常にアンラッキーなことですが、帰化申請につける本国書類と日本の書類でご本人の父母が別人で登録されている場合、あるいは同一人物であるのに名前などが違い別人とみることができる場合は、そのままでは帰化手続きが進められないケースがあります。

これだけは、帰化をスタートする段階では分からず(大抵は書類がおかしいと帰化申請者の方が気づいていることが多いですが)、帰化の必要書類を収集してみて初めて分かる場合もあります。

帰化手続きを日々お手伝いしておりますと、本当に色々なケースがあります。

本当にたくさんの方の帰化手続きのサポートの経験を活かし、さらにスムーズに帰化の手続きを進められるように、精進しなければと思っております。

PR 帰化申請が5万円~

帰化申請 大阪.net 帰化のご相談・ご依頼は全国対応可能です。お気軽にご相談ください。

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

直近の3~5年の間に留学やワーホリなどで海外に住んでいた方が日本に帰国されて帰化申請をされる場合には、注意が必要です。

帰化の要件で、

「引き続き5年以上日本に住所を有すること」

というのがありますので、基本的には直前の5年間日本に住んでいる必要があります。

ですが、これが満たされなくても帰化要件を満たす場合がいくつかあります。

それはまた別の機会に詳しく記事として書きたいと思いますが、ここ3~5年以内に海外に住んでいたけどもすぐに帰化したいという場合は、まずは帰化の要件を満たしているかどうかの確認をされ、帰化の準備を進めていただくほうがよろしいです。

弊所では、帰化を進めようとされている方の帰化相談に対応しております。

帰化要件を満たしているかが不明な方はお気軽にご相談いただけましたら幸いです。

PR 帰化が5万円~  帰化申請.net 帰化については大阪、神戸などの関西圏以外の全国対応可能です。お気軽にお電話またはお問合せフォーム(折り返しお電話ご希望も承ります)よりご連絡お待ちしております。

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

年の初め。

今年は色々なことを始めようと思われている方も多いかと思います。

長年したいと思っていた帰化手続きを進めるのはいかがでしょうか?

もちろん帰化申請の許可には要件がありますので、それを満たしていることが必要となりますが、もし帰化要件を満たしており、帰化したいという意思がある場合は、今が帰化を始める時期かもしれません。

帰化の条件をご自身が満たしているかどうか分からない方のご相談にもご対応しております。

お気軽に帰化相談のご予約をお寄せいただけましたら幸いです。

PR 帰化申請が5万円~

帰化 大阪.net 帰化についてのご依頼ご相談は、大阪、兵庫など関西圏以外の全国対応も可能です。

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

帰化をしたいな~と思われたとき最初にどこにご相談をされるのがよいか。

お仕事をされている方の場合は、弊所のような帰化手続きの専門家にまずご相談いただくことをお勧めいたします。

帰化申請をご自身でされる場合は、法務局にまずはご相談に行かれる方が多いと思います。

お仕事などされておられない、あるいはそういった煩雑な手続きを好んでされる方でしたら帰化申請をご自身でされることも可能かもしれませんが、多くの方は1度か2度法務局に帰化手続きの必要書類などを聞いたあと、その大変さにあきらめてしまうあるいは、帰化はやる気ではあるもののあっという間に数年が経ってしまうということがよく起こっているようです。

そのようなお話を聞くと早く弊所にご相談いただいていたらよかったのにと毎回思います。

帰化ができるかどうかご本人で判断できないときには帰化の専門の弊所のような事務所にまずご相談いただければいいのです。

電話でもメールでも要件を満たしているかどうかというご依頼の前提にかかるところの相談は弊所では無料ですし、その後もし進めるとしても、費用やその他ご自身で最低限やってい頂く内容を詳しく理解していただき、進める!と決めていただければ結果的には帰化の許可に進んでいくこととなります。

帰化をされたい方には最善、最短の方法。

帰化に非常に強い専門家である弊所にお気軽にご相談ください。

PR 帰化申請が5万円~

帰化申請 大阪.net 帰化は大阪、兵庫などにかかわらず全国相談、ご依頼が可能です。

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

帰化を考えている方が法務局にご相談にいかれることはよくあります。

でも、帰化について本当に聞きたいことすべてを法務局に聞くことができる方ばかりではありません。

実際には収入はそれなりにあり資産もあるけども、確定申告をきちんとしていない。

複数の勤務先に働いているけど、所得税、住民税を副収入の分納めていない。

その他・・・

さまざまなケースで帰化申請したい方それぞれに事情があります。

要件的にも書類的にも今すぐは帰化が難しい方も少なくないでしょう。

ただ、今の状況がどう変わってどうなれば帰化の許可が可能になるか知っておくことは非常に重要です。

それを知っておけば本気で帰化したいタイミングで準備ができて帰化の許可が得られる可能性が高まります。

帰化申請については弊所のような帰化のエキスパートにご相談ください。

PR 帰化が5万円~  帰化相談・帰化依頼は大阪、兵庫など近畿に限らず全国対応可能です。

帰化申請 大阪.net

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

帰化は無職ではできないと思っていらっしゃる方結構多いです。

帰化の要件として生計要件というものがあり、基本的にはご本人が安定収入がありその収入により生活できることがベストです。

ただし、これは絶対に帰化の申請者の方に収入がないといけないかというとそうではなく、同一生計の親族の収入などによって生活ができる場合も帰化はできます。

たとえば、帰化申請をされたい方とご父母が同居の場合で、ご本人が現在無職でも、ご父母の収入によって生活ができる(その収入は証明できる必要があります)場合は帰化は可能です。

また、ご年配のお一人暮らしの親御さまが帰化される場合で、そのお子様3名さまよりの仕送りおよびご本人の月額わずかな年金を合計して生活ができるぐらいあるといった場合でも、内容によりますが、帰化が許可される可能性は十分にあります。

帰化の許可が可能かどうかの判断はご自身でされずに弊所のような帰化手続きに強い帰化専門家にご相談いただくことをおすすめいたします。

PR 帰化が5万円~

帰化申請 大阪.net 帰化については全国対応可能です。お気軽に問い合わせフォームまたはお電話にてご相談ください。

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

帰化申請の際に必要となる添付書類の中に、申請者または同居の家族の中に会社、法人の役員がいる場合は、その法人の申告書及び決算関係書類一式及び納税証明書などの取得が必要となります。

また、その法人が厚生年金や社会保険の加入義務を果たしているかどうか、赤字決算でないかどうかなども関わってきます。

そこがネックとなり、帰化に踏みきれない方もいます。

ただし、意外な解決方法があったりすることもありますので、帰化についてはご自身で判断せず帰化専門家である弊所のような事務所にご相談されることをお勧めいたします。

PR 帰化申請が5万円~

帰化申請 大阪.net 兵庫、大阪など近畿の帰化以外全国の帰化申請に対応可能です。お気軽に帰化相談をお寄せください。

帰化申請 大阪のWEBページ

司法書士・行政書士事務所案内

悠里司法書士・行政書士事務所
大阪市福島区
地下鉄野田阪神・阪神野田・JR海老江徒歩1分
06-4256-7595

 

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031