» 帰化についての考え方のブログ記事

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

昨日、本日とご本人の帰化ではなくご家族の帰化についてのご相談のお電話が続いています。

日本人のご主人より韓国籍の妻の帰化についてのご相談であったり、別居の息子さんの帰化についてのご相談であったり、忙しいご本人に代わり、帰化申請についてお調べされているご家族の方からの帰化相談も歓迎いたします。

帰化の費用についてのご相談から始まっても、話をお伺いしてみると帰化の要件をみたしていないことが判明したり、帰化の専門家にご相談いただくことはご本人の労力、時間のセーブに必ずつながります。

帰化申請は、何よりも帰化ご依頼者の親身になって自分だったらこうしてほしいを形にすることを常に心がけている弊所にぜひご相談いただけましたらと思います。

PR  帰化が5万円~   帰化 大阪.net 帰化については全国対応可能です。

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

帰化をするかどうか。

これは、ご本人が帰化をする意思をお持ちかどうかが一番重要です。

とはいえ、昨日の記事で書いたような、結婚したい相手の親御さんが帰化しないと結婚を許さないなどのやむを得ないケースで帰化するか悩まれる方も少なからずいらっしゃることでしょう。

最終的にはご自身の帰化をする意思と、これからのご自身の生活、将来のことを考えて決断していくしかありません。

本当は帰化したくないのに、帰化をしないといけないのか?

というお気持ちの場合は、もう一度よく本当に帰化されていいのかをご検討ください。

帰化する以外の方法で解決ができないのか?

方法があればそこから手を付けることもご一考ください。

例えば、前述の帰化しないままの結婚に相手の親御さんが反対するケースですが、親御さんとの距離を詰め、親しくなり自分をしってもらう、収入の安定性や、国籍がちがっていても、手続きで少しは違うもののそれほどの不便はないことを自分で説明できるぐらい勉強して説得していく・・・など。

帰化申請のお手伝いをしている立場で、帰化をしないことをお勧めするようになってしまっておりますが、帰化をしたいという気持ちがないのに、帰化される方のお気持ちを考えると、私もつらいので、何とか別の解決がないかと考えてしまいます。

それでも、最終的に帰化を決断される方はおられます。

その場合は、全力で帰化のお手伝いをさせていただきます。

常に自分がご依頼者だったらどうしてほしいか?

それを念頭に日々帰化のご相談にあたるようにしております。

帰化申請については、お気軽にご相談くださいませ。

PR 帰化が5万円~  帰化申請 大阪.net 身近なホームロイヤー。話しやすい女性司法書士(行政書士も兼業です)が対応いたします。

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

帰化を考えるきっかけはその方によって様々ですが、一番多いのは、

「結婚」

です。

特に、お相手が日本人のときが多いです。

婚約者のご両親が帰化をしてほしいと望むケースが多いのが実情で、先々したらよいという場合から、婚姻届けを出す条件として、帰化を相手方の親御さんから言われることが多いようです。

結婚を機に帰化する場合は、その届出(入籍)や帰化、同居のタイミング、お子さんの出生などさまざまな要素を考えに入れたうえですべてのタイミングや流れを決めていくことが必要です。

結婚を機に帰化申請を考えていらっしゃる方はお気軽のご相談下さい。

PR 帰化が5万円~  帰化申請 大阪.net  帰化は大阪、兵庫、奈良、京都以外にお住まいの方でも全国対応可能です。

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

帰化申請をしようと、法務局に相談にいかれて、これは自分では無理だと思われる方は非常に多いです。

そこでまた帰化をストップしてしまって、あっという間に何年も経ってしまうということもあります。

毎日のように記事にも記載していますが帰化をしようと思った時が帰化するとき。

そこで、帰化の専門家にご相談、ご依頼頂けばすべて解決できるかもしれません。

それでも、今は帰化の要件を満たさないため、帰化せずに、何年か帰化要件を満たすために準備をしなければならないこともあるかもしれません。

しかし、相談しなければ、その準備が何かさえ知ることなく時間だけが過ぎていきます。

また、今帰化要件を満たしている方は、今すぐに帰化専門家にご相談されることをおすすめいたします。

手続きは大変な労力と時間を要します。

特に一度しかしないような手続きで、しかも帰化申請となると非常にハードルが高い手続きです。

自分で帰化申請手続きを進める自信がないなとお感じの方は迷わず当職にご相談ください。

女性の司法書士・行政書士がご対応いたします。

PR 帰化申請が5万円~  帰化申請.net 帰化は大阪、兵庫など関西以外でも全国ご相談・ご依頼が可能です。お気軽にご連絡お待ちしております。

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

日本一相談しやすい帰化専門家を目指す、悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

日々帰化申請のご依頼を受け、さまざまな管轄への帰化のお手伝いをさせていただいておりますと、その管轄の取り扱いの違いに非常に不公平感を感じずにはいられない場面があります。

一般的に必要な書類は決まっているとはいえ、細かい運用は法務局ごとに違うのが実際の帰化手続きです。

私は、本当にいろいろな法務局のいろいろな職員の方、チェックの担当の方などに接するので全体的に見ることができますが、当の職員の方は同じ法務局の支局での移動などはあっても、他の本局管轄がどういった運用をしているかを知ることはほとんどありません。それどころか、同じ本局、地方法務局管轄の支局であっても、本局や他の支局の運用と違っていることも多々あり、うちの管轄はこうだから!と聞く耳持たずという場合も少なくないのです。

でも、書類ひとつ取るのにも費用がかかります。

手間もかかります。

本国書類であれば、弊所のように翻訳込の帰化プランでない限り、別途翻訳事務所への支払いも発生します。

そのような違いが、どこに住んでいるかによって生じることには正直不公平感を否めません。

まあ、弊所にご依頼いただければ大変なのはお客様ではないのでまだましなのですが・・・

日々、帰化の書類点検や相談などで各地の法務局に行ったり電話で話したりしているとこんな愚痴もたまにしてしまいますね((・・;)汗)

悠里司法書士・行政書士事務所 代表 司法書士・行政書士 まえかわいくこ

PR 帰化が5万円から   帰化申請.net

在日の方が、帰化を決意される理由は様々です。

ずっと帰化をしたいと思いながらやっと決意した人もいらっしゃれば、本心ではしたくないけれども、やむを得ない事情により帰化申請に踏み切る場合もあります。

後者の場合は、少し心が痛みます。

ご自身のルーツを大切にしたい気持ちとまわりからの重圧。あるいは、進みたい道が帰化しなければできない道であったり。

どうして帰化しなければいけないのかな。そういう社会は正しいのかな?

考えさせられる一日でした。

悠里司法書士・行政書士事務所(大阪市福島区) 代表 まえかわいくこ

PR

大阪や兵庫での帰化申請をお考えの方  韓国戸籍等収集、翻訳の報酬も含めて9万円(税別)~で帰化申請をサポートさせて頂いております。帰化についてお気軽にご相談ください。

悠里司法書士・行政書士事務所のメインサイトご案内

在日韓国・朝鮮籍の方の相続登記(相続による名義変更)について

韓国・朝鮮籍の方の相続登記の費用

本日、帰化申請のご相談に来られた方のお話をうかがっていると、

「ずっと帰化したいとは思ってはいたけど、親が反対するかなと思って今までしなかったんです」

とのこと。

ところが、最近お母さまに逆に 「帰化はしないの?」と言われて、お父様も反対されなかったということで、今回帰化申請を決められたそうです。

韓国籍の方は親思いの人が多いと感じます。

「帰化」なんて口にするだけで反対されそうな気がして、何となくそのままでという方も少なくないのではないでしょうか。

中には親が生きているうちは帰化はしないけど、将来的には・・・と言う方も聞きます。

以外と口にしてみたら、賛成してくれることもあるかもしれません。

PR

帰化申請の条件はこちら 悠里司法書士・行政書士事務所(大阪)のWEBページ

在日韓国人の方と個人的にも仕事の上でも、日本国籍の方と同じぐらい接する機会があります。

因みに私の旦那さんも韓国人(特殊部隊出身らしい?)です。

数多くの在日の方と接しますが、帰化に対する考えは様々です。

「日本に住むなら日本人になった方が色々と楽」

と、外国籍であることによる手続き等の煩雑さに嫌気がさして帰化を決心される方もあります。

これに対して、小さい時から「チュソク」や「ソルラル」など日本にいながらも伝統を重んじた家庭で育った在日の方は帰化する気は全くない方が多いです。

このような方は、不動産の登記にしても通名で登記することをせず、大概本名で登記されます。(不動産登記上は、通名・本名どちらでも登記が可能です)

私は、旦那さんが韓国人なので、横にいて別の誰かに

「金さんは帰化しないんですか?」

といった質問を受けると、正直旦那さんの気持ちを考えると気分がよくありません。

旦那さんには韓国人であることをずっと誇りをもっていて欲しいし、韓国人であることは素晴らしいと尊重の気持ちを持っているためです。

自分が韓国に住んでいて

「韓国人にならないんですか?」という質問を受けると、どんな気分でしょう?

自分は日本人としての誇りをもって生きているんやで! と私なら言いたくなります。

なので、だんなさんが帰化したらいいなんて思ったことはありません。

帰化申請のお手伝いをさせて頂いている立場でこんな意見は少し矛盾しているかもしれませんが、私は在日韓国人が好きなのでできるだけ接する業務を好んでさせて頂いております。 

韓国籍であるがためのあらゆる手続きの煩雑さは誰よりもしっていますし、その他でも色々と不便があることも分かりますので、帰化をしたい方の気持ちも理解し応援しております。

帰化申請 大阪のWEBページ

司法書士・行政書士事務所案内

悠里司法書士・行政書士事務所
大阪市福島区
地下鉄野田阪神・阪神野田・JR海老江徒歩1分
06-4256-7595

 

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031