» 帰化と負債のブログ記事

帰化 大阪、兵庫、奈良、京都をはじめとし全国の在日韓国・朝鮮籍の方の帰化申請をお手伝いしております。

在日の方の相続、翻訳にも強い悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

帰化申請では、生計概要という書類で、家計表のようなものを作成する必要があります。

基本的には収支のバランスが取れていないとダメです。

収入がそれなりにあっても、生計要件を満たさない場合もあり得ます。

たとえば負債がある場合です。負債も生計概要にて記載する必要がありますので、月々の返済により生活費が捻出できなければいけません。

そして、この負債は当然事実を記載していかなければなりませんが、提出資料から確実に判明するものがあります。

一番多いのは、「不動産謄本」です。

所有のしかも自宅である不動産に関しては、必ず不動産謄本を添付します。

そちらに住宅ローン以外の借入の担保権などが入っていると負債については生計概要に記載がなくても説明を求められると考えておかなければなりません。

PR 帰化申請が5万円~

帰化申請 大阪.net 悠里司法書士・行政書士事務所

帰化申請(大阪、兵庫、奈良、京都をはじめとし、関西以外の全国の帰化申請に対応)に非常に強い、費用的にも利用しやすい専門家。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

帰化申請をしたい方の知りたいこと。

その中に、債務状態は帰化に影響するのか?という点があります。

結論から言えば、「影響する可能性があります」です。

帰化申請には生計概要という書類を作成します。

ここには、家計表のような収入・支出を記し、生計要件を満たしていることを表していく必要があります。

当然、負債についても記載が必要であり、収入と支出そして負債のバランスが悪いと生計要件を満たしていないと判断される可能性があります。

このように、負債がある場合は色々と考える論点が多いので、もし要件満たしているのだろうか?とご心配な方は、一度当事務所にお気軽にご相談頂けましたらと思います。

PR 韓国人・朝鮮人の方の帰化申請が韓国戸籍を集めて翻訳まで含めて9万円~できます!

帰化申請.net

帰化申請 大阪のWEBページ

司法書士・行政書士事務所案内

悠里司法書士・行政書士事務所
大阪市福島区
地下鉄野田阪神・阪神野田・JR海老江徒歩1分
06-4256-7595

 

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031