» 子どもの帰化のブログ記事

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

帰化されたい理由はさまざまです。

結婚や、出産、子供の就職、子の進学、子の修学旅行、子の婚姻、マイナンバー制度で国籍が周りの人に知られやすくなった、親の相続で複雑な手続きを目の当たりにして・・・・など数えきれません。

稀なケースですが、運動選手の帰化もあります。

オリンピックを前提して頑張って来られた方で選考にも残れそうな実力を持っている。

次回のオリンピックに出れる可能性が大の方の帰化手続きもお手伝いさせていただいたこともあります。

また、オリンピックまでは考慮されていない場合でも、大きな大会となってくると、出れるか出れないかの決定が国籍が邪魔をしてチャンスを失うということを何度も目の当たりにされた親御さんの心痛。

こどものために早く帰化をしてチャンスを逃してほしくないという親心。

国籍を理由に大きな大会に出られないなんてことはあってはいけないことです。

しかしながら、現実には頻繁におこっているようです。

そういった帰化を望まれる方のために日々、一日も早く良い結果が出るように尽力させていただいております。

本当に様々なケースの帰化手続きをお手伝いさせていただいたからこそ安心していただける自信があります。

帰化についてのご相談はお気軽にご連絡くださいませ。

PR 在日韓国籍の方の帰化が5万円~   行政書士だけではなく、難易度の高い司法書士資格も持つ帰化の専門家が対応いたします。

帰化申請 大阪.net 帰化は全国対応いたします。

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

在日の方の相続にも強い悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

弊所でお受けします帰化申請の費用は、同居のご家族の場合、お二人目以降は半額となります。

よって、ご家族で帰化をされる場合は、同時にされることをお勧めしております。

また、お子様の帰化は非常に帰化費用のご負担が軽く設定しておりますので(25000円)、お子様もされる場合は、なるべく15歳未満の間に帰化申請をされますとよろしいかと思います。

帰化申請について詳しいご相談は、経験豊富な女性司法書士(行政書士)が対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

PR 帰化申請が5万円~

信頼できる法律家「司法書士」だから安心。   帰化申請.net 悠里司法書士・行政書士事務所(大阪市福島区) 難波、梅田からアクセス10分以内。尼崎からも10分。 帰化は全国対応です。

大阪の帰化申請をはじめとし、兵庫、奈良、京都その他全国の在日の方の帰化のお手伝いをしております。

在日韓国・朝鮮籍の方の相続(在日不動産の相続、相続放棄など)にも強い悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

未成年のお子様だけの帰化をご希望される方が意外と多いです。

お子様だけ帰化できるのは、父母のいずれかが日本籍である場合です。

また同時に帰化申請をされて、父母のいずれかについて許可がされればお子様の帰化(要件などを満たしている場合ですが)が可能です。

よって、親御さんは帰化される気がなくても、お子様のためにご家族全員の帰化申請をされるケースが圧倒的多数です。

ですが、その方それぞれによって取り巻く環境や考え方は様々です。

どのような形で帰化するのがよいのか、そこからお気軽にご相談頂けましたら幸いです。

PR 在日韓国・朝鮮籍の方の帰化申請が5万円

会社員の方のみならず、事業主、特に会社役員の方の帰化申請に強い専門家  帰化申請.net

大阪の悠里司法書士・行政書士事務所    ※帰化は全国対応!

帰化 大阪、兵庫、奈良、京都をはじめとし全国の在日韓国、朝鮮籍の方の帰化申請のお手伝いをしております。

大阪の悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

帰化を決意されるきっかけとして多いもののひとつに海外旅行があります。

お子様が修学旅行で海外に行かれる際、またはご本人が社員旅行に行かれる際、パスポートの色や入国で並ぶレーンの違い(旅行先が韓国の場合や、在留資格によります)などにより国籍がお友達や同僚に知られてしまうことを気にされるためですが、この場合はなるべくお早目にご相談いただけたほうがよいのです。

旅行日を基本に考えますと遅すぎます。

かなり前からパスポートのコピーの提出を求められますのでその時点で、一部の方には分かってしまいますし、ぎりぎりに帰化となりますと余計面倒な形になってくることも考えられます。

日本のパスポートを取得する目的で、ある特定の時期が決まっている場合は、少なくとも1年以上前に帰化手続きを始めるように強くおすすめいたします。

PR 在日韓国籍・朝鮮籍の方の帰化が5万円~

実績多数で、信頼NO1を目指す司法書士事務所

帰化申請.net

帰化申請に特化した司法書士・行政書士事務所

悠里司法書士・行政書士事務所(大阪)です。

お子さんと親御さんが一緒に帰化される方がいらっしゃいます。

数人のお子様がいても、簡単に進められるそうでないはお子様の年齢によって違います。

15歳未満の場合は履歴書の作成が不要です。

また大抵の法務局では申請も自分でいかなくてよいです。

これが15歳以上ですと、受付も自分で(もちろん親御さんと一緒にです)しないといけませんので、平日の昼間となると学校もありなかなか日程調整が難しかったりします。

16歳ぐらいですと、アルバイトをしていたりと収入があったります。

そうなるとその証明が必要であったりと多少考えることが多くなってきます。

お子様と一緒に帰化をされるときはできれば15歳未満のときがいいですね!

PR 在日の方の帰化申請が韓国戸籍の翻訳や収集も含めて9万円から

帰化申請 大阪.net

大阪の帰化申請をはじめとし、兵庫(尼崎、西宮、神戸、加古川、宝塚、伊丹、姫路他)、奈良その他全国の在日韓国人の方の帰化のサポートをさせて頂いております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

帰化の要件に

「20歳以上で本国法によって行為能力を有すること。」 国籍法 第5条1項2号

とあります。

これだけ見ると、大人しか帰化できないようにも読めます。

その後の 国籍法第5条1号)で

「日本国民の子(養子を除く)で日本に住所を有するもの」

に該当する場合は、

「20歳以上で本国法によって行為能力を有する」という要件を満たさなくても許可することができるとありますので、

父母のどちらかが日本人である場合、一緒に帰化をして日本国籍を取得する場合はお子様もできる可能性があるということになります。

もちろん他の要件も満たしており、同時にする親御さまの許可がされる前提というところも留意しなければなりませんが、お子様だから帰化はできないとは限らないので、気になる場合はお気軽に当事務所までご相談ください。

PR お子様とご家族まとめて帰化申請をされるなら 韓国戸籍(家族関係証明書)等の取得と翻訳を含めて安心の価格設定で完全サポートをさせて頂きます。

帰化申請 大阪.net