» 外国人の住民票のブログ記事

大阪の帰化申請をはじめとし、兵庫、奈良、京都、和歌山その他全国の在日の方の帰化をお手伝いしております。

在日韓国人・朝鮮人の方の相続や翻訳にも強い悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

今年に入ってからももう既にかなりの方の帰化の申請をお手伝いしてまいりました。

そして去年に帰化申請のサポートをさせていただいたかたから続々と帰化の許可のご連絡も頂き嬉しい限りでございます。

また、許可が下りた方のご兄弟姉妹や親族の方の帰化のご紹介などが相次ぐのとともに、経営される会社の変更についてのご相談、翻訳のご依頼、亡くなられた方(韓国籍であった帰化された方、あるいは韓国籍の方)の名義になっている不動産やその他の財産の相続手続きについてなど本当にさまざまな場面で頼りにしていただけることが嬉しくて仕方がないのです。

長いお付き合いのきっかけ。それが帰化申請のご依頼であり、ご縁の始まりです。

PR 在日韓国・朝鮮籍の方の帰化申請が5万円から

色々な業務も相談できる法律のプロ「司法書士」(司法書士と行政書士は全く違う資格です)だから安心

帰化申請.net 悠里司法書士・行政書士事務所(大阪市福島区) 帰化は全国対応です!!

平成24年7月9日から基本的に在日の外国人にも住民票が出ることになります。

帰化申請の際にはこの住民票が必須となってきますが(しばらくは外国人原票記載事項証明書でも受け付ける方向ではあるようですが・・・)、司法書士・行政書士としては取りやすくなります。

今までの外国人登録原票記載事項証明書でしたら、郵送請求ができませんでしたので、居住地の役所に直接出向く必要があり、職務上請求を使えませんので委任状か直接ご依頼者に取ってもらう方法となってました。

住民票になりますと、職務上請求書で取得ができますので、かなり気分的には楽になります。

この制度開始によりその他、複雑になる点もありますが、また後日書いてみたいと思います。

帰化申請(大阪 兵庫)に特化した 悠里司法書士・行政書士事務所 司法書士・行政書士 まえかわいくこ