大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

このブログも何年かやってまいりましたが、もうすぐ記事数が400となりそうになってきました。

このブログは帰化についてのみ書いてきたものです。

よくそんだけ帰化申請について書くことがあるなと我ながら少し驚きますが、まだまだたくさん書くことはあります。

年間に帰化申請のお手伝いさせていただいている数はかなりの数になりますので、それだけ様々なケースの経験もあり書くネタに欠かないからですね。

これからも、皆様のお役に立てる帰化についての情報を発信できるようブログを続けていけたらと思っております。

PR 帰化申請が5万円~ 帰化のフルサポートが安心価格で。

帰化申請 大阪.net 帰化については全国対応です。お気軽にご相談ください。

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

2月に入りましたが、相変わらず年のはじめは帰化相談が集中しております。

それでも、まだ土曜相談に入れられる枠も残っておりますのでお気軽にご相談ください。

ところで、最近は特に会社役員の方世帯が続きます。

特に複数の会社の経営あるいは、役員に入ってらっしゃる方の帰化のご依頼が多いです。

会社役員の方の帰化は会社員の方の帰化手続きに比べて集める書類も多く、かなり大変です。

役員の方がご家族にいらっしゃる方の帰化申請については、そのような帰化にも強い弊所にご相談いただけましたら幸いです。

PR 帰化申請が5万円~  帰化申請 大阪.net

帰化申請は帰化に特化して司法書士(行政書士も兼業)にお任せください。

大阪の帰化申請をはじめとし、兵庫、奈良、京都その他北海道から沖縄まで全国の在日の方の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

帰化をする際に問題になる点で多いのが、実際に住んでいるところと住民票通りの住所が違っていることです。

結論から申しますと、基本的には帰化申請の前提として、実際の住所に住所移転の手続きをしたうえで帰化申請する必要があります。

住所移転は義務となっておりますので、移していないと素行要件を満たさない可能性が出てくることもありますし、また何より実態と書類が違うと書類が合いませんので法務局は移転を指示されます。

住所移転の届出が面倒でそのままになっている場合などはしていただければよい話ですが、その方それぞれに住所移転されない理由はさまざまです。

そういった方で帰化を進めようと思われている方は一度帰化手続きに特化した弊所にご相談いただけましたら幸いです。

PR 帰化申請が5万円~

サイト:帰化申請.net 帰化は全国対応いたします。女性司法書士(行政書士も兼業)がご対応させていただきますので、幅広いご相談も可能です。

大阪の帰化申請をはじめとし、兵庫、奈良、京都その他北海道から沖縄まで全国の在日の方の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

1月の帰化の相談は相変わらず多いです。

2月の初旬もまだ平日及び土曜相談の枠がわずかですが空いております。

ところで、交通違反があったら帰化は無理と思われている方が非常に多いように見受けられます。

特に特別永住者の方であれば、その内容によっては帰化が許可されるケースも非常に多いです。

交通違反が少しあるからといって帰化申請をあきらめている方は、一度弊所にご相談していただけましたらと思います。

免停や免取(免許取り消し)があってもその内容や時期によっては帰化が可能な場合も多いのです。

帰化についてはお気軽にご相談ください。

PR 在日韓国人の方の帰化が5万円~

帰化申請 大阪.net 帰化は全国対応いたします。 希少な女性司法書士(行政書士とは違う資格です)が対応しますのでご安心ください)

大阪の帰化申請をはじめとし、兵庫、奈良、京都その他北海道から沖縄まで全国の在日の方の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

同居のご家族の帰化申請はお二人目が半額となっております。

もし、帰化の意思をお持ちの場合は、同居の家族であれば帰化申請するしないにかかわらず様々な書類が同居のご家族についても必要です。

どうせ面倒な手続きをするならその際にご家族全員帰化されるほうが、労力的にも費用的にも抑えられます。

ご家族全員の帰化をお考えの方はお気軽にご相談くださいませ。

PR 帰化申請が5万円~ フルサポートプランもキャンペーン中。

帰化申請 大阪.net 帰化は全国対応可能です! 希少な資格の司法書士が対応しますのでご安心ください。

大阪の帰化申請をはじめとし、兵庫、奈良、京都その他北海道から沖縄まで全国の在日の方の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)

ここ数年、たまには同じ区内(大阪市福島区)の方の帰化申請のご依頼は受けてきましたが、今年に入ってすでに5件以上の近所の方の帰化相談、ご依頼を相次いでお受けして不思議な感じです。

弊所では、兵庫の西のほうや、奈良、京都、和歌山などからもわざわざ帰化の相談にご来所いただけている事務所ですので、近所の方の帰化は特にそれほど多いとは思いませんでしたが、本当に重なるときは重なるものですね。

私も福島区民ですので、それだけで、親近感です。

今後もお気軽にご相談いただけましたらうれしい限りです。

PR 帰化申請が5万円~ 行政書士ではなく、司法書士事務所で帰化申請を取り扱う専門家をお探しなら 悠里司法書士・行政書士事務所に。

帰化申請 大阪.net 帰化は全国対応可能です。

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

帰化されたい理由はさまざまです。

結婚や、出産、子供の就職、子の進学、子の修学旅行、子の婚姻、マイナンバー制度で国籍が周りの人に知られやすくなった、親の相続で複雑な手続きを目の当たりにして・・・・など数えきれません。

稀なケースですが、運動選手の帰化もあります。

オリンピックを前提して頑張って来られた方で選考にも残れそうな実力を持っている。

次回のオリンピックに出れる可能性が大の方の帰化手続きもお手伝いさせていただいたこともあります。

また、オリンピックまでは考慮されていない場合でも、大きな大会となってくると、出れるか出れないかの決定が国籍が邪魔をしてチャンスを失うということを何度も目の当たりにされた親御さんの心痛。

こどものために早く帰化をしてチャンスを逃してほしくないという親心。

国籍を理由に大きな大会に出られないなんてことはあってはいけないことです。

しかしながら、現実には頻繁におこっているようです。

そういった帰化を望まれる方のために日々、一日も早く良い結果が出るように尽力させていただいております。

本当に様々なケースの帰化手続きをお手伝いさせていただいたからこそ安心していただける自信があります。

帰化についてのご相談はお気軽にご連絡くださいませ。

PR 在日韓国籍の方の帰化が5万円~   行政書士だけではなく、難易度の高い司法書士資格も持つ帰化の専門家が対応いたします。

帰化申請 大阪.net 帰化は全国対応いたします。

大阪の帰化申請をはじめとし、兵庫、奈良、京都その他北海道から沖縄まで全国の在日の方の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

やはり、毎年1月の帰化のご相談が多いです。

今年も帰化申請についての相談の予約がかなり入っております。

弊所では、帰化については全国対応しておりますので、他府県(現在は、東京、岡山、香川、鳥取など)の方の帰化もお手伝いしますし、ご来所いただける範囲でも、近くの方だけではなく兵庫県の西のほうの方(姫路など)もわざわざお越しいただけたり、遠方の方のご依頼も少なくありません。

ところが、最近は非常に近く、同じ区内の方より帰化のご相談、ご依頼が相次ぎ同じような案件は続くのだなと感じております。

同じ区の方には何か親近感といいますか、安心感を感じます。

いつでも立ち寄っていただけるような、気軽に相談によって頂けそうな。

遠方の方も、お近くの方も帰化申請のエキスパートにご相談いただけましたら、全力でサポートさせていただきます!

PR 在日韓国籍の方の帰化申請が5万円より  帰化申請 大阪.net  帰化は全国対応いたします。

現在フルサポートキャンペーン中。

大阪の帰化申請をはじめとし、兵庫、奈良、京都その他北海道から沖縄まで全国の在日の方の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

本年度に入り営業日まだ3日しかたっておりませんが、すでに帰化相談を多数させていただきました。

その中で多かったのが、入籍予定の方の帰化申請です。

婚姻予定の相手の方が日本籍で、帰化をしたいけれども帰化した後のほうが面倒な手続きがないと聴くしどうしたらよいのか?

という本当によくあるご質問です。

結論としては、「どちらでもそんなに変わらない」

と私個人的には考えています。

特にすでに妊娠中の方の場合は、先に婚姻届を日本の役所だけにでも提出されることをお勧めしております。

かなり煩雑な手続きが必要と考えていらっしゃる方多いものの、韓国書類で必要なものもほんの通数で、帰化を進める場合に集めるものの一部に含まれていますので、帰化手続きと同時進行で弊所でご用意させていただくことも可能です。

その方によってどちらが先がいいかは違ってくると思いますので、もし迷われている方は一度帰化の専門家にご相談頂けましたらベストではないでしょうか?

帰化手続きに精通した弊所までお気軽にご相談いただけましたら幸いです。

PR 帰化手続きに特化した希少資格である司法書士にご相談ください。(行政書士も兼業ですので、幅広いご相談に対応可能です)

帰化申請が5万円~ 帰化申請 大阪.net

大阪の帰化申請をはじめとし、兵庫、奈良、京都その他北海道から沖縄まで全国の在日の方の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

帰化を専門としてお手伝いしておりますが、帰化手続きの専門家にとって一番手がかかる部分が

「課税証明、納税証明書などの公的所得証明」 と

「帰化手続きに提出する収入証明」

の金額を合わせる作業です。

おひとり暮らしで、同じ会社のみで数年働かれているかたなどは楽なケースですが、いろいろな職場を数年の間に点々とされていたり同時にいくつもの仕事をされている場合は、本人でなくても上記の作業は必要です。

何もしなくても額があってくることは半分程度。

特にアルバイトの短期だったり単発の仕事の場合は、市が把握していないことが多く合わなくなっている。

そういうケースでは、ご自身で帰化されるとどこかの時点で失敗するケースとなります。

そういった意味でも帰化の専門家を通じて申請されることがおすすめかと思われます。

PR 帰化は難関国家資格の司法書士にご相談ください。(もちろん行政書士も兼業ですので、ご相談できる業務範囲も広いです)

帰化が5万円から 帰化申請.net