» 帰化の役立ち情報のブログ記事

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

12月になってから、帰化の書類の点検はかなり行っております。

そのうち、予約が必要ない法務局で感じることは帰化の相談者の数が非常に少ないということ。

師走といいますので、12月はどなたも忙しい時期。

この時期に帰化の申請や帰化申請を始められる方は少ないようです。

こんなときこそ帰化をはじめる時期かと個人的には思います。

帰化申請が集中しますと、帰化の提出の管轄法務局によれば予約がいっぱいでかなり先の書類点検や帰化受付となることもありますが、空いている時期にはじめれば帰化の受付時も空いている時期になる可能性が高く、帰化申請や帰化書類点検の予約が取りやすいというメリットが考えられます。

また予約の不要な帰化の管轄の法務局でも待ち時間が少なかったり、帰化手続きに携わる職員に余裕ができるため、帰化手続きが早く進む可能性もありえると思われます。

まだ本年度中に帰化相談のご予約間に合います。

お気軽に帰化についてのお問合せお待ちしております。

PR 帰化申請が5万円~   帰化申請 大阪.net

帰化申請については、全国対応です。お問い合わせフォーム(折り返しお電話希望でも可)またはお電話にてお気軽に帰化についてのご連絡お待ちしております。

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

帰化を考えている方が法務局にご相談にいかれることはよくあります。

でも、帰化について本当に聞きたいことすべてを法務局に聞くことができる方ばかりではありません。

実際には収入はそれなりにあり資産もあるけども、確定申告をきちんとしていない。

複数の勤務先に働いているけど、所得税、住民税を副収入の分納めていない。

その他・・・

さまざまなケースで帰化申請したい方それぞれに事情があります。

要件的にも書類的にも今すぐは帰化が難しい方も少なくないでしょう。

ただ、今の状況がどう変わってどうなれば帰化の許可が可能になるか知っておくことは非常に重要です。

それを知っておけば本気で帰化したいタイミングで準備ができて帰化の許可が得られる可能性が高まります。

帰化申請については弊所のような帰化のエキスパートにご相談ください。

PR 帰化が5万円~  帰化相談・帰化依頼は大阪、兵庫など近畿に限らず全国対応可能です。

帰化申請 大阪.net

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

帰化は無職ではできないと思っていらっしゃる方結構多いです。

帰化の要件として生計要件というものがあり、基本的にはご本人が安定収入がありその収入により生活できることがベストです。

ただし、これは絶対に帰化の申請者の方に収入がないといけないかというとそうではなく、同一生計の親族の収入などによって生活ができる場合も帰化はできます。

たとえば、帰化申請をされたい方とご父母が同居の場合で、ご本人が現在無職でも、ご父母の収入によって生活ができる(その収入は証明できる必要があります)場合は帰化は可能です。

また、ご年配のお一人暮らしの親御さまが帰化される場合で、そのお子様3名さまよりの仕送りおよびご本人の月額わずかな年金を合計して生活ができるぐらいあるといった場合でも、内容によりますが、帰化が許可される可能性は十分にあります。

帰化の許可が可能かどうかの判断はご自身でされずに弊所のような帰化手続きに強い帰化専門家にご相談いただくことをおすすめいたします。

PR 帰化が5万円~

帰化申請 大阪.net 帰化については全国対応可能です。お気軽に問い合わせフォームまたはお電話にてご相談ください。

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

帰化申請の際に必要となる添付書類の中に、申請者または同居の家族の中に会社、法人の役員がいる場合は、その法人の申告書及び決算関係書類一式及び納税証明書などの取得が必要となります。

また、その法人が厚生年金や社会保険の加入義務を果たしているかどうか、赤字決算でないかどうかなども関わってきます。

そこがネックとなり、帰化に踏みきれない方もいます。

ただし、意外な解決方法があったりすることもありますので、帰化についてはご自身で判断せず帰化専門家である弊所のような事務所にご相談されることをお勧めいたします。

PR 帰化申請が5万円~

帰化申請 大阪.net 兵庫、大阪など近畿の帰化以外全国の帰化申請に対応可能です。お気軽に帰化相談をお寄せください。

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

帰化をする際の満たしていなければならない条件はいくつかあります。

主な条件以外にも、事実上帰化の要件を満たしていても添付書類の一部を何らかの理由(未申告等)で提出できない場合には、帰化申請が困難な場合もあります。

要件の中で一番ひっかりやすいのは生計要件です。

基本的に帰化申請人、同居の親族、別居の親族の収入などにより生計を立てることができなければなりません。

やはりこの要件を満たさない方が帰化申請の時期を先に延ばさざるを得ないことがあります。

PR 帰化が帰化専門家サポートが5万円~受けられます。

帰化申請 大阪.net 帰化についてのご相談、ご依頼は大阪、兵庫、奈良、京都など関西地区以外の方からもお受けできます。

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

別居のご家族の帰化を同時に申請するときの法務局管轄はどうなるでしょうか?

通常は帰化申請者の住所の管轄の法務局に帰化申請を提出します。

ですが、ご父母と、嫁いだ娘、一人暮らしの息子など別管轄の住所にお住まいの方の申請の場合、いずれかの方の法務局に帰化申請を一緒に提出できる場合があります。

そのケースにより、一緒に出すことがよい場合と逆にデメリットもありますので、帰化専門家にご相談いただけましたら幸いです。

PR  帰化申請が5万円~

帰化 大阪.net 帰化についてのご相談・ご依頼は大阪、兵庫、奈良、京都以外の地域の方全国対応いたします。

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

大阪、なんば両方からもアクセスしやすい悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

日々帰化申請のご相談を受けている中で、よく誤解をされているのが、

帰化申請される方だけの書類があれば帰化できる

と思われていることです。

一人暮らしの方の帰化であれば収入関係の書類に限れば基本的にはその通りですが、身分関係に至ればご父母や場合によっては兄弟姉妹の書類が必要であったり、同居であれば帰化されない方であっても、給与明細、源泉徴収票、確定申告書、納税関係書類、法人経営者(平取や監査役でも)であればたとえ役員が帰化申請しない家族であってもその会社の決算書類一式までもが必要になります。

ここがネックとなり、帰化をすぐに申請できない方も多いのが事実です。

直接帰化申請される方ではなくその同居の方のしかも直接の経営者ではなくほぼ従業員と立場的には差異ない立場の方が会社の決算書類や納税関係書類の協力を会社に求めるのは非常にハードルが高いです。

そのような場合は、帰化されたい方がどのようにすれば帰化が可能になるのか?

そういったことは法務局では相談できない内容です。

弊所のように帰化申請の手続きに特化した帰化専門家にご相談いただければ解決できるかもしれません。

PR 帰化申請が5万円~

帰化申請.net 帰化は大阪、兵庫など関西地区以外も全国対応可能です。

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

法人の役員の方の帰化または、同居のご家族に法人の役員がいらっしゃる場合は、役員をしている法人の決算書類のコピーの提出が必要となるとともに、納税関係の書類も必要となります。

ご自身が経営されている場合はそれほど難しくないと思いますが、従業員から役員に出世された中堅以上の法人の平取締役などの役員の場合は、ご自信または家族の帰化申請のためにそれなりの規模の会社の決算書類の協力を求めるのはかなりハードルが高い話となります。

帰化手続きには、一見要件を満たすように見えても実質必要書類が整えられないケースは多々あります。

また、必要書類が無理だからと帰化をあきらめるのも勿体ないです。

弊所のような帰化の専門家に相談していただければ何か解決策が見えるケースも実際にあります。

帰化については、すぐに帰化申請はできないとあきらめず帰化の専門家に一度ご相談されることをお勧めいたします。

PR 帰化申請が5万円~

帰化 大阪.net 帰化申請の手続きのお手伝いは大阪、兵庫、奈良、京都などに限らず全国対応が可能です。

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

11月に入り今年も残すところあとわずか。

気ぜわしくなってまいりました。

この時期は意外と帰化申請をはじめられる方が多い時期でもあります。

今年やり残したことは?と考えたときに今年中には帰化を初めておきたい。

という方が多いようです。

ところで、以前はそれほどなかった年配の方の帰化申請。

最近は珍しくありません。

帰化をされる方で60代でしたらまだお若いほう。

90目前の方の帰化申請も何件かお受けしたことがあります。

自分はもう60歳も越えていて先も短いから帰化なんて今さらね~。

とおっしゃられる方もいますが、全然遅くありません。

帰化をしたいな~と思われる気持ちがあればおいくつになっても帰化申請にチャレンジされるべきです。

ご年配の方の帰化も経験豊富な弊所にお気軽にご相談いただけましたら幸いです。

※ご本人の帰化意思がある場合はご本人ではなく、ご子息、親族の方からのご相談も可能です。

PR 帰化申請が5万円~

帰化申請 大阪.net 帰化のサポートは大阪や兵庫など近畿圏以外でも全国対応可能です。お問合せは、問い合わせフォーム(メールやりとりでも、お電話をかけさせていただくご希望時間をお知らせいただくなどでも構いません)、お電話などでお気軽にお寄せください。

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

帰化申請をするには必要とされる書類をそろえるだけ。

と思われていませんか?

もちろんたくさんの必要書類をそろえたり、本国書類の収集や翻訳など大変ですが、書類をそろえただけで帰化申請ができるわけではありません。

実際に、ほとんどの書類を自分で集めたにも関わらずそこで止まってしまって弊所のような帰化専門家に結局依頼するというケースも多いです。

書類を集めた後、申請書をどの程度詳しくかかないといけないか?

実際の内容をどの程度正確にかかなくてはいけないか?

添付する書類と内容があった書類になっているのか?

つじつまが合わないことが出てくる可能性がないか?

など、帰化申請では思ってもいなかった不備が判明してそのまま進められなくてタイミングを計ったり、要件を満たすまで時間をおいたり、状況を変えたりとすることが必要になることがあります。

そういった意味でも、帰化は専門家に相談するのが一番と個人的には思います。

もし、自分がこの仕事をしていなくて帰化をするとしたら100%帰化の専門家に任せると思います。

帰化申請についてのご相談はお気軽にお受けしております。

PR 帰化申請が5万円~

帰化申請 大阪.net

帰化申請 大阪のWEBページ

司法書士・行政書士事務所案内

悠里司法書士・行政書士事務所
大阪市福島区
地下鉄野田阪神・阪神野田・JR海老江徒歩1分
06-4256-7595

 

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031