» 帰化申請の費用のブログ記事

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

個人事業主や会社役員の方の帰化は何となく大変そうという予測は一般の方でもつくと思います。

ところが、以外と手間がかかるのがアルバイト収入がある方の帰化、あるいは同居者の方の中に(帰化申請しなくても)アルバイト収入のある方の帰化なのです。

アルバイト世帯の帰化と言っても、一か所で長い間務めていらっしゃる場合は全く問題ありません。

複数のアルバイト先を掛け持ちしている、ここ数年間で点々とアルバイト先が変わっている。

そういったケースでは、帰化の添付書類での数合わせが大変になるケースが往々にあるのです。

ご自身でされるときに、非常に苦戦するところです。

そういった面倒な帰化についてはお気軽にご相談頂けましたら幸いです。

PR 帰化が5万円~

帰化申請.net

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

在日の方の相続にも強い悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

弊所でお受けします帰化申請の費用は、同居のご家族の場合、お二人目以降は半額となります。

よって、ご家族で帰化をされる場合は、同時にされることをお勧めしております。

また、お子様の帰化は非常に帰化費用のご負担が軽く設定しておりますので(25000円)、お子様もされる場合は、なるべく15歳未満の間に帰化申請をされますとよろしいかと思います。

帰化申請について詳しいご相談は、経験豊富な女性司法書士(行政書士)が対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

PR 帰化申請が5万円~

信頼できる法律家「司法書士」だから安心。   帰化申請.net 悠里司法書士・行政書士事務所(大阪市福島区) 難波、梅田からアクセス10分以内。尼崎からも10分。 帰化は全国対応です。

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

在日韓国人・朝鮮人の方の相続人にも強い大阪の悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

帰化をするタイミングは何といっても、

「ご自身がしたいと思うタイミング」

です。

なおかつ、

「帰化の要件を満たして、その書類の提出も問題ない状態」

であることが必要です。

上記の2点が揃っていれば迷わずに帰化してください。

そうでないと、時機を失ってしまう可能性があります。

具体的には、サラリーマン時代に収入が書類上も安定しているときに帰化しようと思っていたけど、独立して確定申告の所得金額を十分に上げられない状況になってしまった、会社の業績がよかったけども数年赤字が続いてしまっている、ずっと問題ない経営をしてきたのに近年税務調査で重加算税を課されてしまった、など。

その方の状況は日々変化しています。

要件を満たして、きちんとその証明がだせる状態であるのに、多忙という理由で帰化を先延ばしにしていると、本当にしたいときには状況が変わっていてすぐにはできないということは帰化のご相談をお受けしていると非常に多く、残念な限りです。

忙しくても弊所のように帰化に特化した専門家に任せて頂ければ各段にご本人にして頂くことは少なく、皆様こんなんならもっと早くにしておけばよかったとおっしゃる方が多いのです。

「帰化したい」

方は、今がそのとき。

要件を満たしているか、満たしていたとしても書類は完備できるのか?分からないことだらけだと思いますので、お気軽に帰化についてのご相談をしていただけましたら幸いです。

PR 帰化申請が5万円~

帰化申請専門の女性司法書士(行政書士とは人数、難易度も全く違う専門家です)が対応いたします。

帰化申請.net 悠里司法書士・行政書士事務所(大阪市福島区)  帰化は全国対応です!

大阪の帰化申請をはじめとし兵庫、京都、奈良その他北海道から沖縄まで全国の帰化のお手伝いをしております。

韓国人の方の相続にも非常に強い悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

在日韓国籍、朝鮮籍の方の帰化の場合は、通常韓国の戸籍のようなものを収集し、翻訳文も用意する必要があります。

この帰化に必要な韓国書類の量が半端な分量ではありません。

そして年齢が上がれば上がるほどその必要な範囲、翻訳の必要な分量は莫大になります。

また年配の方の場合はその他の帰化必要書類が増える傾向にあります。

その関係上、弊所の帰化報酬は年齢加算がわずかですがございます。

ところが、同居のご家族が複数人で帰化される場合、ご兄弟やご親戚などが同時に弊所で帰化される場合はこの追加報酬を実質頂いておりません。

ご年配の方の帰化申請もお気軽にご相談頂けましたら幸いです。

PR 在日の方の帰化申請がなんと5万円~

帰化申請.net 帰化申請に特化した希少資格の司法書士(女性)がハートをもって対応いたします! 悠里司法書士・行政書士事務所(大阪市) 帰化は全国対応です!

帰化申請 大阪、兵庫、奈良、京都をはじめとし全国の在日韓国・朝鮮籍の方の帰化のお手伝いをしております。

在日の方の相続や翻訳にも強い悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

帰化申請を依頼する専門家をもしインターネットなどで探す場合は、

①費用 トータルいくらかかるのか?きちんと表示されているのか?

②専門家の人柄 信頼できるかどうか。

だけは必ずチェックしてください。

①に関しては、WEBサイトでは、詳しいことを書いておらず面談に行くと翻訳料が別にかかったり、サイトに載っていない費用がかかってしまったりということがありますので、直接電話やメール等で確認されるか、ご相談にいかれるかしてご確認頂き、内容に納得されたときだけその場で契約して下さい。ご納得されないまま契約してしまって、腑に落ちずに後で調べてみると費用的にも専門家的にも信頼できないということもあり得ます。

※ちなみに弊所では、着手金をお預かりしてから正式着手ですので、よく考えていただいてから後日お振込みでも大丈夫ですので安心です。

②に関しましては、お電話、メールなどの対応によりまずはどのような事務所かを判断頂き、一番いいのは直接会っていただくことです。

とはいえ、お客さまもお忙しい方が多いので、ある程度電話やメールなどでどのような対応をするかを見極められた上で面談ご予約をお取りになることをおすすめします。

帰化の専門家への報酬は、「高かろうよかろう」は当てはまりません。

現に、弊所は行政書士ではなく司法書士が対応、翻訳料も込みでお客さまに非常に利用しやすい報酬設定にて心のあるサービスを提供することに日々の喜びを感じております。

サービスは形に見えないものだからこそ、より深く心に刻まれるもの。

各お客さまとの出会いに毎日ワクワクしながら業務にあたっております。

お気軽にご相談頂けましたら幸いです。

PR 在日韓国人の方、朝鮮籍の方の帰化申請が5万円から

帰化申請 大阪.net 悠里司法書士・行政書士事務所

帰化申請 大阪、京都、兵庫、奈良をはじめとし、全国の在日の方の帰化のお手伝いをしております。

在日の方の相続、翻訳その他の手続きにも非常に強い悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)です。

普段、弊所では帰化の相談は非常に多く、いろいろな方とお会いしさまざまなお話をお伺いしております。

その中で、少し気になる情報がありました。

「今は、帰化申請を受けてくれる司法書士や行政書士事務所がほとんどなく、探すのが難しい」

ということでした。

確かに、在日韓国人の方の韓国の書類の分量は今年に入ってからくらべものにならないくらい負担が増し、ノウハウや仕組みを持っていない事務所では数件の帰化を受けただけでいっぱいいっぱいになる形になったのは事実です。

しかしながら、弊所では、大変ながらも今までとほとんど変わらない費用設定にてお受けしております。

今後は、いつまで今の費用設定でやっていけるかは断言できませんが、できるところまではそのままの安心費用設定にて帰化をお受けしていきたいと思います。

もちろん、正当な理由なくお断りすることはありませんので、お気軽にご相談いただけましたら幸いです。

PR 在日韓国人、朝鮮人の方の帰化申請が5万円~

帰化申請 大阪.net(全国対応!)

兵庫、大阪の帰化申請に力を入れている悠里司法書士・行政書士事務所です。

本日帰化についてお問い合わせを頂いたお客さまより、当事務所の前にいくつか問い合わせした帰化に関する報酬が30万円だったとのこと。

しかも、韓国戸籍の取得と翻訳は含まれていないそうです。

そう、司法書士や行政書士の報酬は自由報酬です!

実際、行政書士の公表されている報酬アンケートでも、平均20万円(行政書士業務のみ・韓国戸籍取得・翻訳別)なのですからそれから比べてもかなりお高いイメージあります。

そして、当事務所の報酬は韓国戸籍と翻訳も込で11万円(税別)というものですので、皆さん本当かな?という感じでお電話頂きますが、本当です。

正直、帰化申請という手間のかかる書類収集や書類作成手続きをこの報酬でするのは、きついと感じる今日この頃ですが、もう少し、もう少しは・・・と今のところは上げずに頑張っています。

在日の方のお力になりたいし、今後のお付き合いの始まりです。

帰化申請という手続きは、その方のほとんどの部分を知ることになります。

ご職業、年収、過去の学歴、職歴、交通違反歴、前科・・・・など。

それゆえに、別の相談があったとしてももう隠すことはない、相談しやすい法律専門家としてのお付き合いのきっかけが帰化申請のご相談というわけです。

いつまでこれでいけるか分かりませんが、よりたくさんの方の帰化申請のそして、その後のよい関係を築くため、現状で頑張りたいと思っております!

悠里司法書士・行政書士事務所まえかわいくこ

なかなか帰化申請のこちらのブログが更新できていない今日この頃。

在日韓国・朝鮮籍の方の帰化申請(大阪・兵庫)を得意とする、大阪の司法書士・行政書士の前川です。

帰化申請を専門家に依頼しようと調べると、その専門家によってかかる費用(報酬)がかなり幅があるのに気づきます。

よくあるのは、フルサポートでいくらという定め方。

その中には、韓国本国関係書類の収集や翻訳の報酬が含まれているかまず確認しなければなりません。

この収集や翻訳のみを別に依頼するとすると、場合によってはその部分だけでも10万円を超える場合もあり得るためです。

平日お仕事で動けない、書類の収集に協力してくれる家族がいないなどの場合は、フルサポート(書類収集などがすべて含まれているもの)で依頼するのがよいです。

ただ、その方によって、平日が休みであり役所で自分で書類を取得するのは問題ない方や、妻や親などに協力してもらえる方などもいらっしゃいます。

当事務所では、フルサポートは当然ですが、自分で収集できる書類は自分で集める代わりに費用を抑えたい方のご要望にお応えしています。

いわゆる、チョイス型の帰化申請の依頼が可能です。

例えば、近くの役所で一度に取得できる書類のみご自身で収集、他の書類はこちらで収集。

すべての日本の役所での取得書類をご自身で収集、

代理取得可能な書類をすべてこちらで収集(フルサポート)

選択肢は色々です。

韓国戸籍の収集・翻訳や帰化申請についての相談、法務局事前チェック、申請書作成など含めてサラリーマン世帯、申請者お1人9万円(税別・40歳以上は加算あり)。 フルサポートでも、申請者お1人につき、通常3000円~1万円の追加(最高でも2万円)で帰化申請をご依頼頂けます。

かなりの件数の在日の方の帰化申請をお受けしておりますが、ほとんどの方がフルサポートです。

ですが、その方のご要望に応じさせて頂いておりますので、お気軽にご相談頂ければ幸いです。

帰化申請(大阪 兵庫)の悠里司法書士・行政書士事務所

「帰化はしたいと思うけど自分でするのは難しそうだし、司法書士や行政書士などの専門家に頼むと20万円以上はかかると聞くし、なかなか実際に帰化申請に踏み出せないな・・」
とお思いの方が、いらっしゃると思います。

確かに自分で帰化申請をしようとすると、何をどうしていいか分からず、法務局に相談しても収集して書類ではたしてあっているのかどうか、作った書類が問題ないのかどうかは、一度や二度聞いただけでは分かりませんし、相当な労力を覚悟する必要があります。

そういった手続きを楽しんでできるような方意外は、大抵専門家に依頼してされます。

そうしたら、費用が20万円以上もかかってしまうのか・・・   とお思いかもしれません。

これは一般的な司法書士や行政書士事務所の平均的な報酬ですので、もっと報酬が高い事務所もあれば、逆に安い事務所もあります。 実際当事務所では、在日で特別永住者韓国・朝鮮籍の方サラリーマンの方1人の帰化申請は、翻訳や戸籍取得込で9万円です。

高ければサービスがいい、安ければサービスが低いというわけではありません。

お勧めするのは、まずWEBサイトなどを運営している帰化の専門家であればそのサイトでかかる費用やサービスの内容を確認することです。
また、帰化の専門家の理念やブログを見ることができる場合は、それを参考になさってください。

根拠もなく「安いところは、サービスが低い、経験が少ない」など他の事務所の悪口を記載しているようなところは個人的には好まれないと思います。

実際、当事務所は帰化申請のご依頼をコンスタントにかなりの数お手伝いさせていただいており、接客業出身の強みを生かして高いサービスを常に求めて業務に臨んでおります。ご依頼者に喜んで頂きたい一心での安心報酬を設定しているのです。

また、帰化を依頼する前の事前相談が無料であれば一度相談に行かれてその専門家がどのような人かを確認されるのもよいでしょう。

最終的に、帰化申請はどの専門家に頼んでも結果は変わりません。

それなら、人間関係を培える信頼できる専門家に依頼し、その後何かあった時にも安心して相談できる関係が築けて、なおかつ費用も低く抑えられるのが一番でしょう。

当事務所は、毎日新しい出会いにワクワクしております。

帰化申請 (大阪 その他関西地区)に特化した 司法書士・行政書士 まえかわでした。

帰化申請は、一人で申請することもできますし、同居のご家族も同時にすることができます。

別居のご兄弟姉妹なども一緒に帰化申請することによって、共通する本国書類や翻訳書類などが結構ありますので、実費部分でも司法書士や行政書士などの専門家に依頼する場合でも、別々にする場合より報酬が安く設定されていることが多いです。

帰化申請書類は、基本的に原本還付ができず、原本が戻ってまいりませんので、たとえば韓国籍の方の帰化の場合で、せっかく集めた戸籍も出し切りで、別の機会に兄弟姉妹の誰かが帰化するときには、再度一から集めることになります。

兄弟姉妹に関わらず、相続のことを考え結構年配の方でも帰化申請を希望される方もいらっしゃいます。

(ただし、日本民法に従う方がいい結果になるとは限りませんので、当事務所のように在日韓国人の相続に特化している司法書士または弁護士にご相談頂くことをお薦めいたします)

特に親御さんも一緒に帰化されれば、帰化後に作られる日本戸籍の子の親の欄にそのまま帰化後の親御さんのお名前が載るので、転籍などをすれば現在戸籍を見ただけでは、全く帰化したことが見た目で分からなくなります。

父母が帰化をしていなければ、何もしなければ親の欄に韓国名が載りますので、見る人が見れば転籍したとしても帰化しただろうと推測はされます。(他に方法がないわけではないですが、ここでは省略いたします)

親御さんと同時に帰化申請される場合は、かなりの共通書類が出ます。

お薦めは、親・兄弟の中で帰化される希望をお持ちの方と相談され、みなさん同時にされることです。

ただ、現実的には、結婚や子の就職など転機を迎え、自分がその気になったときにそれぞれが帰化申請することが多いので、なかなか難しいかもしれませんね。

大阪の在日韓国人の帰化申請に特化した司法書士・行政書士 まえかわでした。